このページの本文へ移動

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体

多くのご声援ありがとうございました!愛顔(えがお)つなぐえひめ国体は閉会しました!

競技力向上について

第14回アジアシニア空手道選手権大会

7月13日(木)~16日(日)の4日間、

第14回アジアシニア空手道選手権大会がカザフスタン・アスタナで開催され、

日本代表として女子団体組手に出場した、

スポーツ専門員の川村菜摘選手が見事銅メダルを獲得しました!

  試合中の様子です

     【準決勝でイラク選手と戦う川村選手(左)】

               (空手道マガジンJKFan提供)

  表彰の様子です

        【表彰式での川村選手(左)】

               (空手道マガジンJKFan提供)

また、昨年までスポーツ専門員として活躍し、この4月からは松山市役所に勤務している

本田哲也選手も男子組手+84kg級と男子団体組手に出場し、

個人戦では惜しくも敗退したものの、男子団体組手で銅メダルを獲得しました。

  試合中の様子です

【男子組手+84kg級1回戦でキルギスタン選手と戦う本田選手(左)】

               (空手道マガジンJKFan提供)

  本田選手表彰の様子です

 【男子団体組手で表彰を受ける本田選手(後列左から2人目)】

               (空手道マガジンJKFan提供)

さらに、今大会に先駆けて行われた

第16回アジアジュニア&カデット・アンダー21大会に、園田雅人(松山東高校)選手が出場し、

見事、ジュニア男子組手+76kg級で銅メダルを獲得しました。

  園田選手の写真です

   【準決勝でカザフスタン選手と戦う園田選手(左)】

           (公益財団法人全日本空手道連盟提供)

  園田選手表彰の様子です

    【銅メダルを受ける園田選手(右から3人目)】

           (公益財団法人全日本空手道連盟提供)

  県勢三選手の写真です

 【表彰を受けた愛媛県の3選手(左から川村、本田、園田)】

               (空手道マガジンJKFan提供)

このページの先頭へ