このページの本文へ移動

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体

多くのご声援ありがとうございました!愛顔(えがお)つなぐえひめ国体は閉会しました!

印刷用のページを表示

このページを印刷

通常ページへ戻る

競技力向上について

えひめ国体クレー射撃競技リハーサル大会(平成29年度春季本部公式大会)

5月13日(土)、14日(日)の2日間、高知県のミロク高知射撃場で、

えひめ国体のリハーサル大会として、平成29年度春季本部公式大会が行われました。

本県からは、昨年のいわて国体で5位に入賞した、

スキート種目の渡部孝之選手・泉勝彦選手・杉野文恵選手をはじめ、

総勢8名の選手が出場しました。

今大会は、リオデジャネイロオリンピック日本代表の

中山選手(トラップ種目:茨城県)や石原選手(スキート種目:栃木県)が出場するなど、

大変ハイレベルな大会となりました。

また、中村知事や原副知事も現地を訪問し、大会の様子を視察されました。

激励する知事の様子です

  【スキート種目杉野選手を激励する中村知事】

激励する原副知事

    【愛媛県選手を激励する原副知事】

えひめ国体でクレー射撃競技の会場となるミロク高知射撃場は、

松山市から車で約2時間30分ほどの距離です。

愛媛県選手は、トラップ種目・スキート種目のダブル入賞、

そして、初の「競技別総合優勝」を目指して練習に励んでいます。

えひめ国体開催時(10/1~3)にはぜひとも競技会場に足を運んでいただき、

本県選手の頑張りを応援してください!

もしかしたら、射撃の魅力にはまるかも。。。

このページの先頭へ