このページの本文へ移動

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体開催中!

印刷用のページを表示

このページを印刷

通常ページへ戻る

競技力向上について

第86回全日本ボクシング選手権(第72回国民体育大会ボクシング競技リハーサル大会)

11月16日(水)~20日(日)、

国体のリハーサル大会を兼ねた全日本ボクシング選手権大会が

えひめ国体会場地である松前公園体育館で開催されました。

愛媛県からの出場選手は次のとおりです。

ライトフライ級:木山鷹守(近畿大学)

   フライ級:嶋田 亨(愛媛県競技力向上対策本部)

  バンタム級:金元文汰(大阪商業大学)

   ライト級:武井智紀(松山大学)

 ウェルター級:福森雄太(近畿大学職員)

   ミドル級:髙橋 諒(愛媛県競技力向上対策本部)

    〃  :原田貴史(松山大学)

ライトヘビー級:井上貴大(松山大学)

試合会場の様子です

          【会場内の様子】

地元開催で温かい声援の中、本県選手は健闘しました。

なかでもミドル級の髙橋諒選手は、いわて国体に続いて見事優勝し、

今大会の3連覇を達成しました!

高橋選手の写真です

   【ミドル級決勝戦の様子(左が髙橋選手)】

優勝を決めた瞬間の写真です

     【髙橋選手が優勝を決めた瞬間】

来年のえひめ国体でも髙橋選手をはじめ愛媛県選手が大活躍することを期待しましょう。

応援よろしくお願いします。

このページの先頭へ