このページの本文へ移動

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体

開催時期:2017年9月30日(土)~10月10日(火) 開催まであと

97

国体における愛媛県選手団の活躍

チャレンジ!おおいた国体

 第63回国民体育大会「チャレンジ!おおいた国体」は、H20.9.27~10.7の11日間、大分県を中心に開催されました。
 愛媛県からは、434人の選手団が33競技に参加し、天皇杯42位・皇后杯37位という成績でした。

【大分国体の話題】
○日本体育協会が「大会の充実・活性化」と「大会の簡素・効率化」の2点を柱として進める『国体改革2003』に伴い、大会規模の適正化(参加総数の15%程度削減)が実施された。

○愛媛県は、ボート少年男子ダブルスカル、レスリング少年グレコローマン66㎏級(花山和寛選手)で優勝のほか、フェンシング、バスケットボールの少年女子で上位入賞を果たすなど、少年種別が活躍。

                          これまでの天皇杯順位等についてはこちらから

【高得点を獲得した競技】

ボート(優勝1、入賞4)

56点

陸上競技(入賞7)

29点

バスケットボール(入賞1)

27.5点

なぎなた(入賞2)

24点

フェンシング(入賞1)

21点

弓道(入賞1)

21点

【入賞者一覧】
 第63回(平成20年)大会 入賞者一覧

このページの先頭へ