このページの本文へ移動

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体

開催時期:2017年9月30日(土)~10月10日(火) 開催まであと

4

印刷用のページを表示

このページを印刷

通常ページへ戻る

競技別リハーサル大会

競技別リハーサル大会とは、競技会運営能力の向上や国体開催の気運醸成を図ることを目的として、平成28年度から国体開催までの間、各会場地において、行われる大会です。

第64回四国陸上競技選手権大会
第58回四国四県対抗陸上競技大会

平成28年8月27日(土曜日)~28日(日曜日)

見どころ

 陸上競技は、「走る・跳ぶ・投げる」を競技化した最もシンプルなスポーツです。 陸上競技_カラー.png
 トラック競技とフィールド競技があり、トラック競技は、短距離走、中・長距離走、ハードル・障害物競走、リレー、競歩の5つに大別されます。
 フィールド競技は、走高跳、棒高跳、走幅跳、三段跳の「跳躍競技」と、砲丸投、円盤投、ハンマー投、やり投の「投てき競技」の2つに分けられます。
  代表選手のスピード、パワー、テクニック、躍動感とともに、スタート前の表情やレース中の駆け引き、ゴール直前での激しい競り合いなど見どころがいっぱいです。

大会結果

競技の結果

大会正式記録

本県チーム・選手の結果  

 男子では、個人で9人が1位となり、4×400mリレーも1位となりました。女子では、個人で7人が1位となり、4×100mリレー・4×400mリレーとも1位と好成績を収めました。特にリレーでは、4県対抗ということもあり観客からの声援も大いに盛り上がりました。
 県別対抗では、愛媛県勢が11種目を制し男女で総合優勝を果たしました。

会場の様子 等

 8月27日(土)~28日(日)に第64回四国陸上競技選手権大会 兼 第58回四国四県対抗陸上競技大会が愛媛県総合運動公園陸上競技場で開催されました。  
 四国四県から各県の代表としての予選を勝ち抜いた選手団が来会し、2日間にわたる熱戦が、繰り広げられました。  
 また、競技場周辺では、選手村やID規制といった本国体さながらの会場となり、おもてなしとして無料ドリンクの提供や総合案内所の設置など、来場者の方々に大変好評でした。

開会式①.jpg  競技②.jpg  表彰式③.jpg

このページの先頭へ