このページの本文へ移動

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体

開催時期:2017年9月30日(土)~10月10日(火) 開催まであと

7

印刷用のページを表示

このページを印刷

通常ページへ戻る

競技別リハーサル大会

競技別リハーサル大会とは、競技会運営能力の向上や国体開催の気運醸成を図ることを目的として、平成28年度から国体開催までの間、各会場地において、行われる大会です。

内閣総理大臣杯・文部科学大臣杯
第45回全国都道府県対抗ボウリング選手権大会

平成28年11月4日(金曜日)~6日(日曜日)

開催地
松山市
会場
キスケボウル

見どころ

 全国都道府県対抗ボウリング選手権大会は毎年、翌年に行われる国民体育大会のリハーサル大会として開催されています。
 都道府県から選抜された代表選手による選手権者決定戦と男女混合のチーム戦2種目で都道府県の総合優勝を争います。 総合優勝チームには内閣総理大臣杯、男女の選手権者には文部科学大臣杯が授与されるボウリング競技の中でも大きな大会の一つです。
 全国のトップアスリートのパワフルで華麗な投球フォームは必見です。
 チーム戦の2種目は、混合2人チーム戦、混合4人チーム戦です。 1ゲーム毎にレーン移動しながら6ゲームの競技を行い、その合計得点により順位を決定します。  
 選手権者決定戦は、上記2種目における個人の総得点(12ゲームトータル)の上位より男女各20名を選出し、さらに6ゲームの競技を行い、合計18ゲームの総得点によって男女の選手権者並びに個人の順位を決定します。
 昨年の第44回大会では、団体総合で愛媛県は第3位、女子選手権では泉宗心音(いずむね しおん)選手が優勝を勝ち取っています。
 今大会での愛媛県勢の活躍が大きく期待されています。

トピックス

 平成28年11月4日(金)~6日(日)まで、愛顔(えがお)つなぐえひめ国体ボウリング競技リハーサル大会として『内閣総理大臣杯・文部科学大臣杯第45回ボウリング_カラー.pngのサムネイル画像のサムネイル画像全国都道府県対抗ボウリング選手権大会』がキスケボウルを会場に開催されます。  
 花のプランターと手作り応援のぼり旗で装飾を行うほか、無料のドリンクサービスやおもてなしブースを設置します。ぜひ、会場へお越しください。                

大会結果

競技の結果  

大会結果

本県チーム・選手の結果

 愛媛県チームは、混合2人チーム戦で愛媛Bが優勝、愛媛Aが準優勝。
 混合4人チーム戦で愛媛Bが第3位、愛媛Aが第5位。
 選手権者決定戦では、男子で大下耕平選手が第3位、女子で泉宗心音選手が第4位。
 総合では、愛媛県が優勝し内閣総理大臣杯を獲得しました。

会場の様子 等

 11月4日(金)~6日(日)に内閣総理大臣杯・文部科学大臣杯第45回全国都道府県対抗ボウリング選手権大会がキスケボウルで開催されました。
 全国から35団体46チーム195人の選手・監督が集まり、内閣総理大臣杯を競いました。会場では、観客からの熱い声援で大いに盛り上がりました。
 また、競技会場の敷地内には、花いっぱいのプランターとたくさんの手作り応援のぼり旗を設置し、選手や関係者の皆様をお迎えしました。
 おもてなし会場では、「醤油餅」「坊っちゃん団子」「伊予柑ケーキ」が各日200個限定でふるまわれ、来場者の方々に大変好評でした。

写真①.jpg  写真②.jpg  写真③.jpg

このページの先頭へ