このページの本文へ移動

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体

多くのご声援ありがとうございました!愛顔(えがお)つなぐえひめ国体は閉会しました!

競技別リハーサル大会

競技別リハーサル大会とは、競技会運営能力の向上や国体開催の気運醸成を図ることを目的として、平成28年度から国体開催までの間、各会場地において、行われる大会です。

平成28年度(第69回)秋季四国地区高等学校野球大会

平成28年10月22日(土曜日)~23日(日曜日)、29日(土曜日)~30日(日曜日)

開催地
松山市
会場
坊っちゃんスタジアム

見どころ

 野球は自分でプレーをしたり、テレビで観戦したりと、大人から子どもまで、全国的に人気の高いスポーツのひとつです。その中でもとりわけ多くのファンを持つのが、高等学校野球です。来年の国体では、松山市で硬式野球、宇和島市で軟式野球と、2種別の開催が予定されています。  
 高等学校野球(硬式)は、第69回秋季四国地区高等学校野球大会をリハーサル大会として開催します。
 秋季四国地区高等学校野球大会では、四国各県の県大会を突破した全12チームが、11月に行われる明治神宮野球大会の切符をめぐって、熱戦を繰り広げます。また、翌年3月から開催される選抜高等学校野球大会(春の甲子園)出場校の重要な選考資料ともなっているため、球児たちの緊張感のあるプレーが期待されます。  
 
[出場校]
 愛媛県  1位 宇和島東  2位 帝京第五  3位 済  美
 香川県  1位 高 松 商   2位 坂  出  3位 英  明
 高知県  1位 中  村  2位 明徳義塾  3位 岡  豊
 徳島県  1位 生光学園  2位 鳴門渦潮  3位 徳 島 北

組合せ表

トピックス

観戦には入場料が必要となります。
一般      500円 高等学校野球_カラー.png
中・高校生   200円 ※学生証の提示が必要です。
小学生以下   無  料
身体障がい者  無  料 ※手帳の提示が必要です。付き添いがいる場合は1名まで無料。

大会結果

競技結果

競技結果

本県チーム・選手の結果

 愛媛県からは、県大会を勝ち抜いた宇和島東高校、帝京第五高校、済美高校の三校が出場しました。
 宇和島東高校は2回戦からの出場でしたが、高知県の明徳義塾高校に0対2と惜しくも敗れ、敗退。
 済美高校は、初戦、香川県の坂出高校を4対1で下し、続く2回戦、徳島県の生光学園に8対0の8回コールドゲームで快勝しましたが、準決勝、高知県の明徳義塾高校に10対2で敗れました。  
 帝京第五高校は、1回戦に高知県の岡豊高校を8対0、2回戦に香川県の高松商業を7対0、続く準決勝、香川県の英明高校を5対3と下し、順調に決勝まで駒を進めましたが、高知県の明徳義塾高校に11対2で敗れ、大会初優勝とはなりませんでした。  
 球児たちのひたむきなプレーが観客の胸を打ち、会場は観客席からの熱い声援に包まれました。

会場の様子

 来春のセンバツ(いわゆる「春の甲子園」)の重要な選考資料となる試合のため、球児たちの緊張感あるプレーを一目見ようと、会場には大勢の観客が訪れました。  
 花いっぱい運動のプランターや、歓迎のぼり旗で選手・来場者の方をお迎えするとともに、国体みきゃんを使った看板、横断幕を設置し、来年の国体に向けての開催機運を高めました。

写真①.jpg  写真②.jpg  写真③.jpg

このページの先頭へ