このページの本文へ移動

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体

多くのご声援ありがとうございました!愛顔(えがお)つなぐえひめ国体は閉会しました!

競技別リハーサル大会

競技別リハーサル大会とは、競技会運営能力の向上や国体開催の気運醸成を図ることを目的として、平成28年度から国体開催までの間、各会場地において、行われる大会です。

2016年度全日本社会人ホッケー選手権大会

平成28年9月18日(日曜日)~22日(木曜日)

開催地
伊予市
会場
しおさい公園伊予市民競技場
開催地
松前町
会場
松前町ホッケー公園

見どころ

大会の歴史、概要

 この大会の源流は旧全日本実業団ホッケー選手権大会と旧全日本社会人ホッケー選手権大会の2大会です。
 全日本実業団ホッケー選手権大会の男子は1959年、女子は1979年より開催され、大会名の通り実業団ホッケー日本一を争っていました。
 全日本社会人ホッケー選手権大会の男子は1967年、女子は1980年より開催され、実業団に加えて社会人クラブチームにも資格が与えられていました。
 開催地は実業団・社会人ともに持ち回りで、1999年に2大会が統合されて新生全日本社会人ホッケー選手権大会となりました。
 大会回数は歴史の長い旧全日本実業団選手権大会を継承し、以降は主に国民体育大会のリハーサル大会として実施されています。

注目チーム・選手の紹介

注目チーム
男子 
VERTEX ホッケーチーム:優勝28回(現在12連覇中)

女子 
ソニーHC BRAVIA Ladies:優勝23回(昨年度優勝)

注目選手
男子(日本代表メンバー)
粥川 幸司、長澤 克好、吉原 平太、新本 優(VERTEXホッケーチーム)
村田 和麻(診療印刷)

女子(日本代表・リオオリンピックメンバー) 
浅野 祥代、林 なぎさ、阪口 真紀、中川 未由希、真野 由佳梨、 永井 葉月、中島 史恵、清水 美並(ソニーHC BRAVIA Ladies)
小野 真由美、錦織 えみ、西村 綾加、湯田 葉月、三橋 亜記 (コカ・コーラウエスト レッドスパークス)
柴田 あかね(グラクソ・スミスクラインOrange United)

 

おもてなしの内容 等

 (伊予市)地元高校生が考案したビワ葉茶パウンドケーキ、地元特産品を使用した伊予の五色姫寿司・つみれ汁、唐川びわ葉茶や無料ドリンクコーナーを用意しています。

 (松前町)町の特産品などを使ったふるまい料理(ひまわり餅、松前町で作った麦味噌を使ったお味噌汁、麦まんじゅう又ははだか麦味噌汁・はだか麦おにぎり・はだか麦甘酒・はだか麦麦茶)や無料ドリンクコーナーを用意しています。

歓迎装飾

 (伊予市)市内小中学校の児童・生徒さんが作ってくれた手書きの応援のぼりと横断幕、育ててくれた花プランターを設置し、選手や観客の皆さんを温かくお迎えします。

 (松前町)町内小中学校の児童・生徒さんが作ってくれた手書きの応援のぼりと、育ててくれた花プランターを設置し、選手や観客の皆さんを温かくお迎えします。ホッケー_カラー.png

大会結果

競技の結果  

大会結果

本県チーム・選手の結果  

 愛媛ホッケークラブ(男子)1回戦敗退  愛媛クラブ(女子)準々決勝敗退

会場の様子 等  

 2016年度全日本社会人ホッケー選手権大会が、9月18日(日)から9月22日(木)にかけて、しおさい公園伊予市民競技場、松前町ホッケー公園ホッケー場において開催されました。
 男子26チーム、女子14チーム、計40チームの参加があり、熱い戦いが繰り広げられました。
 両会場ともに、町内小中学校の児童・生徒さんによる応援のぼり旗、花プランターを設置し、選手や観客の皆さんを温かくお迎えし、おもてなしコーナーで無料のドリンクや、地元特産品を使った料理等をふるまいました。

伊予市①.jpg  伊予市②.jpg  伊予市③.jpg

松前①.jpg  松前②.jpg  松前③.jpg

このページの先頭へ