このページの本文へ移動

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体

多くのご声援ありがとうございました!愛顔(えがお)つなぐえひめ国体は閉会しました!

印刷用のページを表示

このページを印刷

通常ページへ戻る

競技別リハーサル大会

競技別リハーサル大会とは、競技会運営能力の向上や国体開催の気運醸成を図ることを目的として、平成28年度から国体開催までの間、各会場地において、行われる大会です。

スポーツクライミング第31回リード・ジャパンカップ/石鎚山カップ・ボルダリング大会

平成29年6月10日(土曜日)~11日(日曜日)

見どころ

 リードジャパンカップ愛媛大会は、日本一を決める大会であり、日本中のトップクライマーが西条市へ集結します。スポーツクライミングが東京オリンピックの正式種目に決定し、複合種目(リード、ボルダリング、スピード)で争われることから、ボルダリング中心に活動しているクライマーもリード競技に積極的に挑戦し始めています。

注目チーム・選手の紹介  

女子:森秋彩選手(もりあい)前年度優勝者

本県選手の紹介

男子:清水裕登選手(しみずひろと)(2017リード日本選手権7位、2017年のリードワールドカップ出場権取得)
   徳永潤一(とくながじゅんいち)(昨年度リードジャパンカップ18位、西条市クライミング教室の講師)
   井上遼(いのうえりょう)(昨年度リードジャパンカップ9位)

トピックス

おもてなしの内容

10:00~絹かわなすのステーキ 100名限定 山岳_リード_ボルダリング_カラー.png
13:00~名水アイス甘酒味 100名限定
西条市内8業者が販売もいたします。(お土産品・グッズ等)

大会結果

競技の結果

【リード】男子成績(総合)

【リード】女子成績(総合)

【ボルダリング】男子決勝結果

【ボルダリング】女子決勝結果

本県チーム・選手の結果  

・リードジャパンカップ   
 男子 5位  選手氏名 清水裕登       
    6位  選手氏名 徳永潤一  

・石鎚山カップボルダリング大会   
 女子 3位 チーム名 Pio  選手氏名 髙橋 心暖
              選手氏名 相原 麻菜美

会場の様子等

 愛顔(えがお)つなぐえひめ国体山岳競技のリハーサル大会として、石鎚クライミングパークSAIJOで「リードジャパンカップ愛媛大会」、西条西部体育館特設会場で「石鎚山カップボルダリング大会」が行われました。
 「リードジャパンカップ愛媛大会」は日本一を決める大会であり、全国から86名の参加者があり、男子の部では愛媛県から出場した清水裕登選手が5位、徳永潤一選手が6位と好成績を収めました。女子の部では若干13歳(中学2年生)の森秋彩選手が2連覇を達成しました。
 また、「 石鎚山カップボルダリング大会」には、36名の参加があり会場を盛り上げました。
  会場では、応援のぼり旗を作成し選手を激励しました。 無料ドリンクや絹かわなすのステーキ、名水アイスがふるまわれ、来場者の方々に大好評でした。

会場①.jpg  会場③.jpg  会場②.jpg

このページの先頭へ