このページの本文へ移動

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体

多くのご声援ありがとうございました!愛顔(えがお)つなぐえひめ国体は閉会しました!

印刷用のページを表示

このページを印刷

通常ページへ戻る

競技別リハーサル大会

競技別リハーサル大会とは、競技会運営能力の向上や国体開催の気運醸成を図ることを目的として、平成28年度から国体開催までの間、各会場地において、行われる大会です。

平成28年度全国センター・ファイア・ピストル射撃競技大会

平成28年9月10日(土曜日)~11日(日曜日)

開催地
松前町
会場
愛媛県警察学校

見どころ

 「CP」とはセンター・ファイア・ピストルの略で、この大会に使用する拳銃のことを指しています。
 弾丸の底部の中心にある雷管を叩いて起爆させることにより弾丸を発射させることから、センター・ファイア・ピストルと呼ばれます。片手で拳銃を保持し、立ったままで25m先の標的の中心にある10点を狙います。ミリ単位で競われるため、選手は強い精神力と高度な射撃技術が要求されます。
 また、この競技は、1日目の精密射撃30発と2日目の速射30発の本戦得点、更に、本戦得点の上位8名によってファイナル(決勝)を行い最終順位が決定します。
 迫力ある銃声、選手の高度な射撃技術が見どころです。
 愛媛県選手は、県警から毛利 和博選手、越智 浩也選手の2名が出場します。充分に入賞の可能性がありますので、是非応援に来てください。

トピックス

 町内小中学校の児童・生徒の皆さんが作製した手書きの応援のぼり旗と、大事に育てた花のプランターを設置して、選手や観客の皆さんをライフル射撃_CP_カラー.png温かくお迎えします。
 また、チリメンジャコ入り炊き込みご飯や麦まんじゅうなどの無料ふるまい、フリードリンクコーナーの設置や売店の出店も予定していますので、是非会場へお越しください。

大会結果

競技の結果  

公式記録

本県チーム・選手の結果

  毛利 和博 選手 8位入賞

会場の様子 等  

 えひめ国体のリハーサル大会「平成28年度全国センター・ファイア・ピストル射撃競技大会」が9月10日、11日、愛媛県警察学校で開催されました。  
 全国から44名の選手が参加し、熱戦が繰り広げられました。  
 会場には、全国レベルの大会を間近で見ようと多くの方が来場したほか、町民ボランティアが全国から来場した人をおもてなししました。
 また、競技会場の敷地内には、手書き応援のぼり旗と花のプランターを設置し、選手や関係者の皆様をお迎えしました。おもてなし会場では、チリメンジャコ入り炊き込みご飯や麦まんじゅうなどのふるまい料理や、無料ドリンクが提供され、来場者の方々に大変好評でした。

CP写真2[1].jpg  CP写真3[1].jpg  CP写真1[1].jpg

このページの先頭へ