このページの本文へ移動

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体

開催時期:2017年9月30日(土)~10月10日(火) 開催まであと

5

競技別リハーサル大会

競技別リハーサル大会とは、競技会運営能力の向上や国体開催の気運醸成を図ることを目的として、平成28年度から国体開催までの間、各会場地において、行われる大会です。

高松宮賜杯第60回全日本軟式野球大会(Ⅰ部)

平成28年9月10日(土曜日)~12日(月曜日)

開催地
四国中央市
会場
浜公園川之江野球場
開催地
新居浜市
会場
新居浜市営野球場
開催地
今治市
会場
今治市営球場

見どころ

大会の概要

  「天皇賜杯大会」に次ぐ権威ある大会として開催される。競技人口の多いBクラスの大会でレベルもAクラスにも劣らないチームが出場します。
 本大会で優勝・準優勝したチームは、次年度よりクラスが昇格し、Aクラスの大会出場資格が与えられます。
 昭和32年に第1回大会が開催され、昭和34年開催の第3回大会において高松宮杯が下賜されました。
 開催地は毎年各都道府県で持ち回りとなっています。

大会の詳細

会 期:平成28年9月9日(金)~12日(月)
開会式:平成28年9月9日(金) 16:00今治市営球場
参加チーム:32チーム
会 場:今治市営球場、西条市ひうち球場、西条市東予運動公園野球場、
    新居浜市営野球場、浜公園川之江野球場、いきなスポレク公園蛙石野球場

出場チーム・組合せ表

 

開催地(本県)出場チーム

宇和島信用金庫、東予TSL、N・Sクラブ、オール愛媛

愛媛県チーム

沿革

軟式野球競技の沿革

http://jsbb.or.jp/outline/history(公益財団法人 全日本軟式野球連盟HP)

トピックス

 各会場において、無料ドリンクの提供及び各会場市町の特産品をPRするブースを設置します。    
 また、競技会場では西条市において、「祭彩華」による踊りの披露を予定しています。

過去の成績(高松宮賜杯全日本軟式野球大会(Ⅰ部)優勝チーム)

第1回S32年 下関市役所(山口県)
第2回 33年 PL教団B(大阪府)
第3回34年 山田無線(岡山県)
第4回 35年 赤金鉱業所(岩手県)
第5回 36年 日立造船神奈川(神奈川県)
第6回 37年 田川市役所(福岡県)
第7回 38年 大促スパロー(大阪府)
第8回 39年 日本スピンドル(兵庫県)
第9回 40年 明治屋札幌支店(北海道)
第10回 41年 東京電力(埼玉県)
第11回 42年 出光徳山(山口県)
第12回 43年 佼成出版社(東京都)
第13回 44年 カワニ(岐阜県)
第14回 45年 武田薬品清水工場(静岡県)
第15回 46年 東芝電気器具前橋(群馬県)
第16回 47年 中富良野町役場(北海道)
第17回 48年 高松電話局(香川県)
第18回 49年 進藤病院(佐賀県)
第19回 50年 銚子信用金庫(千葉県)
第20回 51年 高見沢サイバネ(長野県)
第21回 52年 龍ヶ崎信用金庫(茨城県)
第22回 53年 信州精器(長野県)
第23回 54年 サンクス(愛知県)
第24回 55年 日産ディーゼル工業(埼玉県)
第25回 56年 松山電話局(愛媛県)
第26回 57年 黒沢通信工業(福島県)
第27回 58年 直方市役所(福岡県)
第28回 59年 ㈱鷺宮製作所(埼玉県)
第29回 60年 ㈱ケンショー(高知県)
第30回 61年 井上塗装クラブ(広島県)
第31回 62年 アローズ(広島県)
第32回 63年 NTT金沢電話局(石川県)
第33回 H元年 パイオニア所沢工場(埼玉県)
第34回 2年 和久商店(宮城県)
第35回 3年 九州日本電気ソフトウェア(福岡県)
第36回 4年 JA福岡信連(福岡県)
第37回 5年 オーム川辺(福岡県)
第38回 6年 金沢クレンズ(石川県)
第39回 7年 JA長野厚生連北信総合病院(長野県)
第40回 8年 ㈲六本木企画隼クラブ(長野県)
第41回 9年 佐川急便㈱九州支社(福岡県)
第42回 10年 九州電力BBC(佐賀県)
第43回 11年 三菱重工名誘(愛知県)
第44回 12年 ボッシュブレーキシステム㈱(埼玉県)
第45回 13年 倶楽部メインズ(茨城県)
第46回 14年 静岡県筑波病院(茨城県)
第47回 15年 MBCカザ(長野県)
第48回 16年 ㈱サニクリーン九州(福岡県)
第49回 17年 グローリー機器㈱(兵庫県) 軟式野球_カラー.png
第50回 18年 神出設計ポプリ(北海道南)
第51回 19年 ㈱福岡銀行(福岡県)
第52回 20年 リョーユーパン(福岡県)
第53回 21年 Y・Sクラブ(神奈川県)
第54回 22年 JAいるま野(埼玉県)
第55回 23年 ふくおかフィナンシャルグループ(福岡県)
第56回 24年 アスレチックス倶楽部(埼玉県)
第57回 25年 関東西濃運輸(群馬県)
第58回 26年 T-Five(東京都)
第59回 27年 埼玉西部消防局(埼玉県)

大会結果

試合の結果

試合結果

本県チーム・選手の結果

オール愛媛
 大会前より優勝候補として呼び声が高かったオール愛媛。準々決勝で、富山県代表「日医工」との延長戦を制し、勢いそのままに準決勝も突破。決勝では、福島県代表「株式会社相双リテック」に5-3で勝利し、見事優勝に輝きました。

宇和島信用金庫
 投打とも安定し、順当に駒を進めましたが、愛媛県勢同士の対決となった準決勝で「オール愛媛」に1-8で敗れました。

東予TSL
 健闘及ばず、1回戦で広島県代表「福山消防」に1-8で敗れました。

N・Sクラブ
 1回戦で熊本県代表「熊本サニクリーン」と対決。惜しくも1-5で敗れました。

会場の様子等

(今治市)  愛顔つなぐえひめ国体軟式野球競技のリハーサル大会として、5市町6会場に分かれて、3日間に渡り競技が開催されました。  
 今治市営球場では競技日前日に開会式、競技最終日は決勝戦及び表彰式が行われました。
 また、大会参加者を歓迎するため、市内の小中学校生が作った歓迎のぼり旗・プランターで会場を装飾し、無料ドリンクコーナーを設けて、会場を訪れた方々に喜んでいただきました。

(新居浜市) 2日間にわたり、大きな問題もなく、試合を開催することができたと思います。各チーム車両も来場予定時間が把握できていたため、特に混乱が生じることはありませんでした。
 新居浜市会場では、無料ドリンクコーナーを設置しました。天候も良かったことから、売れ行きも良く、特に四国外のチームにはポンジュースが大変好評でした。

(西条市)  西条市会場では、とうふ工房ていずいによる「冷奴」、佐伯食品による干梅、壬生川漁協による鱧カツの振る舞い、無料ドリンクの提供等を行いました。これらのふるまいコーナーはボランティア中心で運営し、小さなお子さんから大人まで多くの人たちで賑わいました。そして祭彩華(ダンスチーム)によるよさこいの披露があり球場を盛り上げていただきました。  
 また、9月11日には国体みきゃんが登場。チーム関係者や一般観覧者向けに西条市オリジナルのみきゃんボールを配布したところ、大変好評でした。

(四国中央市)  例年、各都道府県の持回りで開催している高松宮賜杯第60回全日本軟式野球大会(Ⅰ部)を平成29年に開催する愛顔つなぐえひめ国体のリハーサル大会として開催しました。  
 大会期間中は天候にも恵まれ、爽やかな秋晴れの中、熱戦が繰り広げられました。  
 おもてなし会場では、無料ドリンクコーナーや、手作りのパン等を販売する店舗を設置し、来場者で大いに賑わいました。

(上島町) いきなスポレク公園蛙石野球場では、1回戦3試合、2回戦2試合、そして準々決勝1試合が行われました。町内の各地区に応援するチームを割り当て、上島町を挙げて大会を盛り上げることができました。
 また、売店では特産のレモンポークを使用した「レモンポーク丼」を販売し、競技会場を訪れた方に大好評でした。

01開会式.JPG  競技(上島町).jpg  閉会式・表彰式.JPG

四国中央市(ドリンクコーナー).JPG  催し(西条市).JPG  催し2(西条市).JPGのサムネイル画像

このページの先頭へ