このページの本文へ移動

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体

多くのご声援ありがとうございました!愛顔(えがお)つなぐえひめ国体は閉会しました!

競技別リハーサル大会

競技別リハーサル大会とは、競技会運営能力の向上や国体開催の気運醸成を図ることを目的として、平成28年度から国体開催までの間、各会場地において、行われる大会です。

女子第65回四国高等学校ソフトボール選手権大会

平成28年6月18日(土曜日)~19日(日曜日)

内容・見どころ

大会の歴史、概要

 昭和27年に女子高校生を対象とした「第1回四国高等学校ソフトボール選手権」が初めて開催され、5年後の昭和32年からは男子も加わり、現在は男子・女子の部に分かれて開催される歴史ある大会です。
 毎年、四国4県の持ち回りで開催されるこの大会は、男女ともに四国4県の全国高等学校総合体育大会県大会でトップ3に入った代表12チームで繰り広げられ、四国高等学校のソフトボール競技の真の王者を決定する大会となっています。
 熱さみなぎる選手たちが、日頃から培ってきた練習の成果を発揮する絶好の機会として、白球を追いかけ、飛びつき、全力でプレー・応援する姿は、何度見ても感動を覚えること間違いありません。本大会の見どころのひとつです。

過去の成績・注目チーム・選手の紹介

 男子は昨年優勝した松山工業高校(愛媛県)を筆頭に、今年の全国選抜大会3位の東温高校(愛媛県)、多度津高校(香川県)も虎視眈々と隙を伺い優勝を狙っています。それぞれの県大会からヒートアップする首位争奪戦は見逃せません。
 女子は、昨年度優勝で女子開催地地元の西条高校(愛媛県)は2年連続優勝を、昨年度惜しくも準優勝の高松南高校(香川県)は、優勝旗奪還を目指しています。各県の強豪校が出揃うことからその実力差は僅差であり、若さと熱気溢れるプレーで会場を沸かせてくれることに期待が高まります。
 男女ともに厳しい県大会を勝ち上がった各校の選手たちに注目!

トピックス

おもてなしの内容 等

 (東温市)無料ドリンクコーナーと優しさいっぱいの笑顔でおもてなししたいと思います。ソフトボール_カラー.pngのサムネール画像
 (西条市)売店や無料ドリンクコーナーをはじめ、美味しい水と美しい自然でSAIJO(最上)級のおもてなしをします。

歓迎装飾

 (東温市)本市で作成した歓迎のぼり旗や花のプランターを会場内に設置し、選手やご観覧の皆様をお出迎えします。
 (西条市)のぼり旗や市民が作成した歓迎パネルを会場内に設置し、ご来場の皆様を歓迎します。

このページの先頭へ