このページの本文へ移動

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体

多くのご声援ありがとうございました!愛顔(えがお)つなぐえひめ国体は閉会しました!

印刷用のページを表示

このページを印刷

通常ページへ戻る

競技別リハーサル大会

競技別リハーサル大会とは、競技会運営能力の向上や国体開催の気運醸成を図ることを目的として、平成28年度から国体開催までの間、各会場地において、行われる大会です。

平成28年度男子第61回全日本実業団ソフトテニス選手権大会

平成28年7月30日(土曜日)~31日(日曜日)

見どころ

大会の歴史、概要

 ソフトテニスは、ネットを挟んで相手と向かい合い、ラケットを使ってボールを打ち合ってポイントを競うスポーツです。自分のコートに飛んできたボールをノーバウンド(コートに一度もつかない状態)か、ワンバウンド(コートに一度だけついた状態)で返球します。
 その歴史は明治13年頃に、英国から渡ってきた「ローンテニス」が横浜に伝わったのが始まりで、以来、全国に普及し推定700万人の競技人口を数えています。
 今大会は、ダブルス3ペアを1チームとする団体戦を行います。  その魅力は、ラリー(球の打ち合い)が続くことや、2人のプレーヤーのコンビネーションの妙技にあります。ラリーの見どころとしては、シュートボール(速いボール)での打ち合いの迫力はもちろん、ロビング(山なりのゆるいボール)やショートボール(短いボール)を織り交ぜた多彩な攻撃や、スマッシュやボレーなどの華麗なネットプレーがあります。
 また、パートナー同士がお互いにカバーし合うだけでなく、相手陣形を崩すような配球をしたり、ポジション取りを変えたりすることによって、味方のプレーヤーがポイントしやすいようにプレーしたり、相手のミスを誘ったりすることもあります。このようなことは平素からお互いの気持ちが通じ合っているから可能なことであり、ダブルスならではの魅力です。

大会の概要  

 平成28年7月30日(土)、31日(日)の2日間にわたり、愛顔つなぐえひめ国体ソフトテニス競技リハーサル大会として、『平成28年度(男子第61回・女子第60回)全日本実業団選手権大会』を開催します。
 男子大会は今治市・【今治市営スポーツパークテニスコート】で全国から県を代表する実業団135チームが出場し、トーナメント戦により日本一を競い、女子大会は大洲市・【八幡浜・大洲地区運動公園テニスコート】で同じく県を代表する実業団14チームが競技1日目にグループリーグ戦を行ない、その勝者は二日目のトーナメント戦に進み日本一を決めます。

本県選手の紹介

 愛媛県勢は、男子(今治会場)が6チーム(フジカンパニーズ、松山市役所、今治市役所、住友化学愛媛、新居浜市役所、クラレ西条)出場します。
 注目選手は、男子は、平成25年の東京国体準優勝チームのメンバーの青木 彰彦選手(今治市役所)。女子(大洲会場)は、愛媛県出身の森田 奈緒選手(ヨネックス、2015世界選手権大会ダブルス準優勝)、赤瀬 早紀選手・曽我部 里穂選手(いずれも、太平洋工業)です。
 愛媛県勢及び愛媛県出身選手の声援をよろしくお願いします。

トピックス

 女子の大会会場となる『八幡浜・大洲地区運動公園』では、おもてなし広場において、大洲のご当地グルメによるふるまいサービスをソフトテニス_カラー.pngのサムネイル画像実施します。
 30日(土)は『じゃこ天』を300食、31日(日)は愛媛県立大洲高等学校・経済調査部の生徒さん達に協力いただき、『大洲コロッケ』を540食、どちらも午前11時(予定)から来場された方々に無料でご提供させていただきます。
 また、テニスコート会場には無料ドリンクコーナーを設けて、選手・監督、来場者の皆さんに飲物のご提供もいたします。
 さらに、市内小中学校の児童・生徒が作成した応援幟旗や応援メッセージのはいったプランターで会場装飾をおこない、全国から参加頂く選手・監督をお迎えする予定です。

大会結果

 愛顔(えがお)つなぐえひめ国体ソフトテニス競技のリハーサル大会として、今治市で「平成28年度男子第61回全日本実業団ソフトテニス選手権大会」を開催しました。
 大会には、各都道府県予選を勝ち抜いた実業団男子134チームが出場し、2日間にわたり国内トップ選手による日本一をかけた熱戦が繰り広げられました。
 大会の結果は次のとおりです。

男子結果(詳細)

【男子の部】
優 勝 (広島) NTT西日本広島
準優勝 (山口) 宇部興産A
第3位 (埼玉) アキム  
第3位(京都) 京都市役所
 なお、愛媛から出場のフジカンパニーズ、松山市役所、今治市役所、住友化学愛媛、新居浜市役所、クラレ西条はいずれも残念ながら初日で敗退となりました。
 愛媛県出身の越智大輔選手が所属する宇部興産Aは、決勝戦でNTT西日本広島に負けたものの準優勝をいたしました。

 会場となった「今治市営スポーツパークテニスコート」は、大会運営に必要な各種施設を整備し、大会参加者を歓迎するため、市内の小中学校で描いてもらった都道府県の幟旗47本を含む250本で装飾しました。  
 また、会場ではおもてなしサービスとして、無料ドリンクの提供と無料ふるまい 鯛そうめんとみかんゼリーとシフォンケーキを実施し、会場を訪れた方々に喜んでいただきました。

今治男子①.jpg  今治男子②.jpg  今治男子③.jpg

このページの先頭へ