このページの本文へ移動

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体

多くのご声援ありがとうございました!愛顔(えがお)つなぐえひめ国体は閉会しました!

競技別リハーサル大会

競技別リハーサル大会とは、競技会運営能力の向上や国体開催の気運醸成を図ることを目的として、平成28年度から国体開催までの間、各会場地において、行われる大会です。

第55回全国教職員相撲選手権大会

平成28年8月21日(日曜日)

開催地
西予市
会場
乙亥会館

見どころ

大会の歴史、概要

 本大会は、今年度で55回目の開催となる教職員の都道府県代表による全国大会です。1チーム3名で構成され、団体戦は予選3試合の勝数得点で上位8チームを決め、その8チームによるトーナメント方式で優勝を競います。
 個人戦はトーナメント方式で争われ、日本一を競い、熱戦が繰り広げられます。

注目チーム・選手の紹介

 団体の部では、現在、長崎県チームが第51回大会から4連覇中で、5連覇のかかった今大会の戦いぶりに注目です。
 個人の部は、前回優勝した工藤選手(福島県)、準優勝の木村選手(岐阜県)等上位の成績を残した有力な選手達が今年も参加しており、激しい優勝争いが予想されます。

本県選手の紹介

 本県からは先鋒 池田比呂己(津島高校 教員)、中堅 鎌谷健太郎(南宇和高校 教員)、大将 井上省吾(野村中学校 教員)の3名が出場します。

過去の成績 等

 前回大会 団体の部 優勝:長崎県相撲_カラー.png
          準優勝:青森県
          3位:福島県、三重県  ※愛媛県はベスト8  
     個人の部 優勝:工藤豪人(福島県)
          準優勝:木村 雄(岐阜県)
          3位:池田行宏(高知県)、滝田 真(三重県)

トピックス

おもてなしの内容 等  

 乙亥会館外のおもてなし広場で、段々畑で心地いい潮風の中育った、明浜産「冷凍みきゃん」や、酪農の里野村町の新鮮な牛乳を使った「最中アイスクリーム」を配布。また、無料ドリンクとして、四国カルストの牛乳など、各種ドリンクを配布します。

大会結果

競技の結果  

大会記録

団体戦 優 勝 長崎県 団体戦5連覇を達成      
準優勝 福岡県 
第3位 富山県 岐阜県  

個人戦 優 勝 三重県 滝田選手 前回大会3位、初の栄冠      
準優勝 富山県 上田選手
第3位 岩手県 里館選手 福井県 宮下選手  

本県チーム・選手の結果  

団体戦 予選同率5位(内訳:2勝1敗、得点計6点)で決勝トーナメントへ出場      
    決勝トーナメント1回戦で敗退しベスト8

個人戦 井上選手 Aゾーンで出場 初戦敗退     
    鎌谷選手 Cゾーンで出場 初戦をつきだしにて勝利し、     
    2回戦は相手選手の棄権により不戦勝となり、3回戦で敗退     
    池田選手 Dゾーンで出場 初戦をよりきりにて勝利し、2回戦で敗退

会場の様子 等  

 国民体育大会のリハーサル大会として、選手からは教員らしい模範となる所作を披露いただき、無事に大会を終えることができました。  
 また、おもてなし広場では、段々畑で心地いい潮風の中育った、明浜産「冷凍みきゃん」、酪農の里野村町の新鮮な牛乳を使った「最中アイスクリーム」や牛乳など、西予市の特産品を配布して来場者をもてなし好評でした。

写真1.jpg  写真2.jpg  写真3.jpg

このページの先頭へ