このページの本文へ移動

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体

開催時期:2017年9月30日(土)~10月10日(火) 開催まであと

7

競技別リハーサル大会

競技別リハーサル大会とは、競技会運営能力の向上や国体開催の気運醸成を図ることを目的として、平成28年度から国体開催までの間、各会場地において、行われる大会です。

EHIME OWS 2017

平成29年7月2日(日曜日)

開催地
松山市
会場
北条長浜海水浴場

見どころ

 オープンウォータースイミングは、「川、湖、海洋もしくは海峡などで行われる10km種目を除く競技」です。オリンピックでは、2008年北京大会から正式種目となり、2012年のロンドンオリンピックから日本人選手が出場を果たしています。オリンピックで行われる10km種目は、「マラソンスイミング」と定義されています。
 その名のとおり、風・波・潮の流れなど考慮した駆け引きがレースの中で幾度となく繰り広げられます。自然環境に適合させることができるか、自らの力で水を「制する」のではなく、水と「和する」ことができるかが重要です。
 コースロープがない自然環境へ競技者が一斉にスタートしていきます。ブイやゴールなどの目標物を確認しながら泳ぐヘッドアップという技術や競技者同士の激しい身体接触、ゴール直前の競り合いにも注目してください。
 国民体育大会では、昨年の第71回国民体育大会2016希望郷いわて国体で初めて正式競技になり、5kmが実施されました。
  当大会は、愛媛県で初めて開催されるオープンウォータースイミング大会で、主に中四国から選手が参加します。また会場は、観客と選手との距離が近く、白熱した試合が目前で繰り広げられます。(一部規制エリアがあります。)プールで行われる競泳とは一味違った、オープンウォータースイミングをぜひ一度ご覧ください。

【競技のルールなど】
1 泳法は、フリースタイルで行われ、競技者はブイを回ってコースを泳ぎます。
2 コースは、1周約625mのコースを8周する5kmで競技が行われます。
3 周回終了後、ゴールエリアにあるフィニッシュボードにタッチした順番で順位が決定します。

トピックス

 平成29年7月2日(日)にEHIME OWS 2017愛顔(えがお)つなぐえひめ国体水泳競技(オープンウォータースイミング)リハーサル大会)が、北条長浜海水浴場(道の駅 風早の郷 風和里前)で開催されます。  
 手作り応援のぼり旗で装飾を行います。 水泳_オープンウォータースイミング_カラー.png

大会結果

競技の結果

・男子12名参加(内2名はオープン参加)
・女子9名参加(内2名はオープン参加)  
 ※詳細はこちら

本県チーム・選手の結果

・松村脩平選手 2位
・松浦青波選手 4位
・吉岡理沙選手 1位

会場の様子 等

・快晴で会場の気温が上昇
・一般観客数 7/1:9人 7/2:59人
・視察員数 9人
・プレス数 2人
・傷病者数 4人 内1名救急搬送  

1.jpg  2.jpg  3.jpg

このページの先頭へ