このページの本文へ移動

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体

多くのご声援ありがとうございました!愛顔(えがお)つなぐえひめ国体は閉会しました!

印刷用のページを表示

このページを印刷

通常ページへ戻る

競技別リハーサル大会

競技別リハーサル大会とは、競技会運営能力の向上や国体開催の気運醸成を図ることを目的として、平成28年度から国体開催までの間、各会場地において、行われる大会です。

第42回内閣総理大臣杯平成28年度全日本大学レスリング選手権大会

平成28年11月12日(土曜日)~13日(日曜日)

開催地
宇和島市
会場
宇和島市総合体育館

見どころ

 この大会は、全国から30を超える大学が参加し、自校の名誉と威信をかけて真っ向からぶつかり合い、各階級における個人優勝、そして、大学対抗による団体優勝を争うことから、名実ともに、大学日本一を決する大会となっています。  
 今大会に出場する選手の皆さんは、競技者として、年齢的、肉体的、体力的にも絶頂期を迎えつつあり、2020年の東京オリンピックをはじめ、近い将来のオリンピックメダリスト候補として、大きな期待が寄せられています。  
 なお、頭の先から足の先までの全身が攻防の対象となるフリースタイルの大会となっていますので、当スタイルの特徴とも言える、一瞬にして相手の懐に飛び込む高速タックルの応戦や寝技などを中心とした激しい攻守の切り替わりなど、迫力のある試合展開をお楽しみください。

トピックス

 会場外に歓迎のぼり旗や宇和島の祭りを代表する牛鬼を設置するなど、来場者の皆さまに対し、開催競技のイメージに沿った迫力のレスリング_カラー.pngあるお迎えをいたします。
 また、会場内では、来場される選手へのおもてなしとして、みかんジュースの提供が予定されています。

大会結果

 11月12日(土)、13日(日)の2日間に渡り、宇和島市総合体育館で開催された第42回内閣総理大臣杯平成28年度全日本大学レスリング選手権大会〈愛顔(えがお)つなぐえひめ国体レスリング競技リハーサル大会〉は、全国33大学、総勢211名の選手が出場し、数多くの奮戦が繰り広げられました。
 中でも、リオ・オリンピック銀メダリストの樋口黎選手(61㎏級)の優勝や山梨学院大学のボルチン・オレッグ選手(125kg級)の大会史上7人目となる4連覇など、大変見所が多く、会場は大いに盛り上がりました。
 このボルチン・オレッグ選手の活躍などにより、山梨学院大学が見事2年連続5度目の総合優勝を果たし、栄えある内閣総理大臣杯を獲得しました。
 会場入口では、宇和島のまつりを代表する「牛鬼」が選手・監督をお出迎えし、会場内では、愛媛の特産品であるみかんジュースをはじめとしたフリードリンクがふるまわれるなど、大会参加者と大会スタッフが愛顔でつながるすばらしい大会となりました。

大会記録

01 歓迎(牛鬼).JPG 02 おもてなし(ドリンク).JPG  05 表彰式.JPG

このページの先頭へ