このページの本文へ移動

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体

開催時期:2017年9月30日(土)~10月10日(火) 開催まであと

4

  • トップページ
  • お知らせ
  • 障スポレポーターが行く!!~みんなで一緒にえひめ大会に参加しよう!プロジェクト編vol.9~

印刷用のページを表示

このページを印刷

通常ページへ戻る

障スポレポーターが行く!!~みんなで一緒にえひめ大会に参加しよう!プロジェクト編vol.9~

障スポレポーターが行く!!公開日:2017年7月18日

 みなさん、こんにちは!
 障スポレポーターのワタナベです!

 「みんなで一緒にえひめ大会に参加しよう!プロジェクト編」も早いもので第9弾!
 今回は、「松山市立北条北中学校」で行った出前講座の様子をレポートしますね!!

 北条北中学校のみんなには、まず最初にどんな「障がい」を知っているか発表してもらいました。

CIMG3154.JPG
 視覚障がい・聴覚障がい・肢体不自由・知的障がい・精神障がい・内部障がい(心臓、腎臓、膀胱・直腸などの機能に障がいがあること)などなど、みんな色んな障がいを知っていました!
 では、そういった障がいのある選手はどうやってスポーツをするの
だろう?ということを一緒に考えてみましたよ!

 この日は、みんなを代表して先生に目を閉じて走ってもらいました!
 
CIMG3156.JPG
 やっぱりこわかったみたいで、全力で走ることはできませんでした。
 ワタナベは視覚障がいのある選手が走る姿を見たことがありますが、ゴール目掛けて全力で走るんです!!
 なぜ、それができるのでしょうか?それは、日々練習を積み重ねているからですよね。
 練習をするとき、スタートの位置に一緒に行く人・ゴールの方向を知らせる音を出す人・伴走をする人などなどサポートする人も必要です。そして、そのサポートがあれば、私たちと同じようにスポーツに取り組むことができます。障がいがあるからできないではなく、どうやったらできるかを考えることが大切ですね!

 聴覚障がいのある人とのコミュニケーション方法についてのお話のときには、一緒に手話の練習をしました♪

CIMG3158.JPG
 ポイントは、表情と口の動きをつけること!知っている手話を使って、コミュニケーションを楽しんでくださいね♪

 みんなには、障がいのある・なしにかかわらず、困っている人がいたらサポートできる大人になってほしいなと思います。出前講座で学んだことや考えたことを、友だちや家族・近所の人など身近な人と話してみてくださいね!

 それではまた次回お会いしましょう!!

 ≪これまでの『障スポレポーターが行く!!』シリーズはコチラ!!≫
 
http://www.ehimekokutai2017.jp/taikai/news/reporter/


 
 

このページの先頭へ