このページの本文へ移動

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体開催中!

印刷用のページを表示

このページを印刷

通常ページへ戻る

障スポレポーターが行く!!~えひめ大会強化練習会編vol.3(陸上競技)~

障スポレポーターが行く!!公開日:2017年8月8日

 みなさん、こんにちは!
 障スポレポーターのワタナベです!

 えひめ大会強化練習会編第3弾!今回は、陸上競技」の様子をレポートしますね!
 (〇障スポレポーターが⾏く︕︕〜えひめ⼤会強化練習会編vol.2(卓球、フライングディスク、ボウリング)~
   →http://www.ehimekokutai2017.jp/news/2017/08/019095.php

 夏らしい晴天の中、みんなでウォーミングアップをして、種目毎に練習スタート!

P7292575.JPG
 とにかく暑い日だったので、「水分とった?体調は大丈夫?」と声を掛けながら練習をしましたよ!

   P7292593.JPG   P7292585.JPG

   P7292596.JPG   P7292613.JPG

 本番を意識したルールの説明や、これから各自どんな練習をして本番を迎えるかという話もあり、えひめ大会が近づいてきたなと改めて感じました。

 それでは、この日、強化練習会に参加されていた方をご紹介します!
 宮内昌吾選手です!

   P7292630.JPG   P7292581.JPG

 宮内さんは1500m走と砲丸投に出場予定!中学生のときは野球、高校生のときはラグビーに取り組まれていてスポーツは大好きだそうです。スタミナには自信があり、マラソンに挑戦してみたいと思ったことがきっかけで陸上競技を始めたとのこと。
 楽しく一緒に練習できる仲間がいて、切磋琢磨できることがモチベーションの一つ。えひめ大会では、2種目金メダルを目指して頑張ります!と話してくださいました。

 杉山裕二さんです!

   P7292645.JPG   P7292611.JPG

 杉山さんは、コーチとしてえひめ大会に参加されます!
 約20年前から障がい者スポーツに携わっているそうです。障がいには色んな種別がありますが、一緒に練習を積み重ねて、選手個人の能力・特性をしっかり理解したら、指導することについて難しいと思うことはないそうです。
 えひめ大会が開催されると決まってから、障がい者スポーツが注目されるようになり、選手自身も観客を魅了するプレーがしたい!と意識が変わってきているとのこと。
 選手のみなさんには地元代表として、悔いのないように大会を楽しんでほしい!そして、えひめ大会後もスポーツを続けてほしい!と熱く語ってくださいました。

 次回は、水泳の様子をお届けしますのでお楽しみに~!

 ≪これまでの『障スポレポーターが行く!!』シリーズはコチラ!!≫
 http://www.ehimekokutai2017.jp/taikai/news/reporter/
 

このページの先頭へ