このページの本文へ移動

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体

多くのご声援ありがとうございました!愛顔(えがお)つなぐえひめ国体は閉会しました!

印刷用のページを表示

このページを印刷

通常ページへ戻る

愛ある愛媛のがんばレシピ ~勝利への一皿~ 「つくったれぽーと」 vol.5

お知らせ公開日:2017年9月26日

さて、いよいよ、えひめ国体開会式まであと4日!

ここで、「つくったれぽーと」第5弾が届きましたので、ご紹介します。

作ってくれたのは、四国中央市立土居中学校のPTA(保護者、教職員)のみなさまです。

土居中学校では、日頃から食育・生活習慣の育成に力を入れており、家庭と協力しながら

生徒に正しい生活習慣を身に付けさせたり、正しい食への理解を図らせたりする活動を

行っているそうです。

 今回は、PTA研修部の活動の一環として、土居中学校の栄養教諭を講師に、

「愛ある愛媛のがんばレシピを作ろう」という研修会を実施したそうです。

8月22日(火)に土居中学校の調理室で、保護者13名、教職員7名のみなさんが、

がんばレシピの献立を作ってくれました。

DSC00122.jpg DSC00130.jpg

 レシピ集23ページ掲載のセットメニュー第4例夕食(タンドリーチキン、春雨サラダ、野菜の焼きびたし、

わかめスープ、ヨーグルト、みかんジュース)をみんなで作り、試食したそうです。

DSC00145.jpgDSCN1340.JPG

参加者からは、「おいしかった。簡単にできる上に、野菜を十分とることができる!」

      「家でも子どもと一緒に作りたい!」などの意見が出され、大変好評でした。

中には、今回の国体で民泊としてフェンシングの選手が宿泊する家庭のお母さんや、

公民館で食事を提供するとき、手伝いに行くといった人も参加してくれており、国体の実施もいよいよだなぁ

と感じたそうです。

 ここで、参加後の保護者の方の感想の一部を紹介します!

「短時間でいろいろな料理を作ることができ、どれもおいしかったです。中でも私は、野菜の焼きびたしが

 気に入りました。めんつゆと野菜がとても合っていて、苦手な野菜も無理なくおいしくいただけました。

 日頃から偏りがちな食事ですが、成長期の子どもたち、スポーツ選手に必要な栄養がよく分かり、実際に

 作って食べてみることで、いつもの食事を見直す、いいきっかけになりました」

おかげさまで、大変よい研修会になりました!とのことです。

DSC00150.jpgDSC00141.jpg

土居中学校のように、「家庭と学校が協力しながら、生徒さんに正しい食を理解してもらおう」

という取組みは、すばらしいですね♪

 このえひめ国体をきっかけに、このような取組みが広がるといいなと思います。

さぁ、えひめ国体までいよいよあと少しです。

まだまだ、みなさんからの「つくったれぽーと」お待ちしてま~す。

このページの先頭へ