logo.gif   競技記録
第17回全国障害者スポーツ大会   会期:2017年10月28日(土)〜30日(月)

団体競技記録 - 女子バレーボール(聴覚)
TOP >> 女子バレーボール(聴覚)

Pdf_small バレーボール女子(聴覚)トーナメント表.pdf
@1回戦 B-1
東京都 2 25 - 23
30 - 28
愛知県 0
 第1セット、東京は7番千葉、17番林の緩急織り交ぜた攻撃で得点を重ねる。対する愛知は、8番安積の強打、3番林のサーブで応戦し、終盤に同点としたが、 東京は主導権を渡さずこのセットを先取した。
 第2セット、序盤に愛知8番安積のレフト攻撃、東京7番千葉のセンター攻撃で接戦となった。中盤に愛知は6番水野のサーブなどでリードを奪ったが、 流れを引き戻した東京が接戦を抜け出し、このセットも連取し、勝利した。
Pdf_small 身体女子B1戦評(28日).pdf

ページの先頭へ

A1回戦 B-2
愛媛県 2 25 - 13
25 - 10
岩手県 0
 第1セット序盤、愛媛は、5番の村木のサービスエースで9−3とリードする。岩手は、1番高橋のサーブで反撃のリズムを掴むが、 愛媛7番中越の連続サービスエース、4番大本のスパイクなどで愛媛が試合を優位に進め、このままリードを保ちながら第1セットを先取した。  勢いにのる愛媛は、第2セット、8−1とリードする。岩手は、18番阿部の球威あるサーブで反撃の糸口を掴もうとするが、サーブミスや レシーブミスが続き、攻撃の手を緩めなかった愛媛がセットを連取した。
Pdf_small 身体女子B2戦評(28日).pdf

ページの先頭へ

B1回戦 B-3
大阪市 2 25 - 8
25 - 22
沖縄県 0
 第1セット、序盤に大阪はレフトから13番今井を軸とした攻撃と12番福丸のサービスエースなどで9−0とリードする。その後、沖縄は3番松川、 1番迎の攻撃を軸とするも流れを止められず、大阪が先取する。
 第2セット、沖縄は4番新垣のサービスエースや7番高良の攻撃などで、10−5とリードする。その後、大阪がレフトやライトからのオープン攻撃により中盤に追いつく。 終盤に沖縄が粘りを見せるも、大阪がこのセットも連取し勝利した。
Pdf_small 身体女子B3戦評(29日).pdf

ページの先頭へ

C準決勝 B-4
東京都 2 25 - 16
25 - 12
広島県 0
 第1セット、東京と広島は両者とも譲らない、拮抗した試合が繰り広げられる。中盤になり、東京1番濱崎のサーブから21−15とリードする。 広島も粘りを見せたが流れを止められず、25−16で東京が先取する。
 第2セットも序盤から一進一退の攻防が続くが、東京7番千葉のスパイクや17番林のサーブで18−9とリードを広げる。広島も6番久保高の粘り強いレシーブを始め、 1番石原がスパイクを決め点を重ねていくが、一歩及ばず東京がこのセットも連取し勝利した。
Pdf_small 身体女子B4戦評(29日).pdf

ページの先頭へ

D準決勝 B-5
大阪市 2 25 - 13
25 - 6
愛媛県 0
 第1セット、大阪は、球威のあるサーブや緩急をつけた攻撃で愛媛のレシーブを崩し、15−7とリードした。愛媛は、4番大本、2番栗林 のスパイクで得点を重ねたが、大阪は、1番梅本の強烈なスパイクやジャンプサーブで試合の主導権を握り、第1セットを先取した。  第2セット、大阪は、サーブで愛媛を崩し、試合を優位に進めた。大阪17番栄のサイドへの平行トスを13番今井や1番梅本がアタック し、レシーブで粘る愛媛を突き放し、大阪が第2セットを取った。
Pdf_small 身体女子B5戦評(29日).pdf

ページの先頭へ

E交流試合 B-6
愛知県 2 25 - 8
25 - 2
岩手県 0
 第1セット、愛知2番高橋のサーブで相手のリズムを崩し、12−3とリードを広げていく。その勢いは止まらず、25−8で愛知が1セット目を先取した。  続く第2セット目は、愛知8番安積のスパイクを得点源とし、13−1と大幅リードする。岩手は最後まで諦めることなくプレーを続けたが、愛知の力強い サーブとスパイクによって、25−2で愛知が勝利した。
Pdf_small 身体女子B6戦評(29日).pdf

ページの先頭へ

F決勝戦 B-7
愛知県 2 25 - 21
25 - 20
沖縄県 0
 第1セット、愛知はレフトから8番安積、ライトから6番水野、センターから4番澁谷の多彩な攻撃で抜け出す。沖縄はレフトオープンを軸として、 1番迎、3番松川のスパイクで反撃を試みる。更に相手のミスも重なり接戦に持ち込むが、最後は愛知が逃げ切り、先取する。
 第2セット、愛知は序盤から高さを生かした攻撃が的中し、リードするも、沖縄の3番松川のレフト攻撃などで一進一退の攻防となる。終盤、 愛知がサーブで相手レシーブを崩し、チャンスをものにして連取した。
Pdf_small 身体女子B7戦評(29日).pdf

ページの先頭へ

G3位決定戦 B-8
広島市 2 25 - 17
25 - 11
愛媛県 0
 第1セット、広島は序盤から1番石原、10番下田の強打で主導権を握る。愛媛も地元の大声援を受け、2番栗林、4番大本の巧みな攻撃から粘りを見せるものの、 終始リードを保った広島がセットを先取した。
 第2セット、愛媛は粘り強いレシーブで相手のミスを誘い、序盤リードを奪う。広島は5番岸のライト攻撃で追いつき、6番久保高の好サーブで崩して抜け出すと、 そのままこのセットも奪い、勝利を収めた。
Pdf_small 

ページの先頭へ

H決勝戦 B-9
大阪市 2 12 - 25
25 - 21
25 - 23
東京都 1
 第1セット、序盤は東京・大阪ともに譲らず、一進一退の攻防が続いた。中盤、東京の7番千葉の好サーブや17番林の強打で勢いに乗り、後半もサーブを軸に安定した試合運びで、 東京がセットを先取した。
 第2セット、序盤に大阪の13番今井の強打でリズムを掴み、大阪がリードを広げる。東京も好レシーブや強打で粘りを見せたが、前半のリードを生かして、大阪がこのセット を取り返した。
 最終セット、お互い粘り強いレシーブから強打の応酬で、一進一退の攻防が続いたが、大阪の12番福丸のサーブで連続得点で流れを掴み、粘る東京を振り切った大阪が、優勝の 栄冠を手にした。
Pdf_small 身体女子B9戦評(30日).pdf

ページの先頭へ


大会競技記録トップページに戻る

愛顔つなぐえひめ国体・えひめ大会のページに戻る