logo.gif   競技記録
第17回全国障害者スポーツ大会   会期:2017年10月28日(土)〜30日(月)

団体競技記録 - バレーボール(精神)
TOP >> バレーボール(精神)

Pdf_small バレーボール(精神)トーナメント表.pdf
@1回戦 A-1
大阪府 2 22 - 25
25 - 17
25 - 20
岡山県 1
 序盤、岡山が1番内座のサービスエースや10番木下のスパイクで先行する。大阪は、4番黒木、9番小川のスパイクで追い上げ、中盤にはどちらの チームも譲らない展開となる。終盤、岡山は、1番内座のツーアタックなどで連続得点をあげ、追いすがる大阪を突き離し、このセットを先取した。
 2セット目は、大阪が9番小川のブロック、3番中村のパックアタックなどで、終始リードを保ち、このセットに勝利した。
 3セット目序盤は、岡山が10番木下の効果的なサーブと3番阿邊のバックアタックが決まりリードする。大阪は、粘り強いレシーブから3番中村のコー スを突いたスパイクで追い上げる。中盤に追いついた大阪は、その後も3番中村の攻撃が決まり、粘る岡山を突き離し勝利した。
Pdf_small 戦評_バレーボール(精神)A1.pdf

ページの先頭へ

A1回戦 A-2
青森県 2 25 - 10
23 - 25
25 - 14
埼玉県 1
 1セット自序盤から、青森が11番太田の高さのある攻撃や3番坂根のブロックで埼玉を終始リードした。埼玉のミスも絡み、青森が大きくリードしてこのセットを先取した。
 2セット目序盤、埼玉は、青森のミスに乗じて先行する。中盤、青森が11番太田の強烈なスパイクで追い上げるが、埼玉は粘り強いレシーブでこれをしのぎ、6番小阪、 13番櫻井のコースを突いたスパイク等で、このセットを奪い返した。
 3セット目序盤は、一進一退の攻防が続く。青森が11番太田の連続サービスエース等で一歩リードする。埼玉は、12番リベロ竹田を中心に、粘り強いレシーブで食い下がる。 中盤、青森は8番宮本の連続サービスエースをきっかけに、粘る埼玉を突き離し、そのまま大差をつけて勝利した。
Pdf_small 戦評_バレーボール(精神)A2.pdf

ページの先頭へ

B1回戦 A-3
福岡県 2 25 - 13
25 - 12
愛媛県 0
 1セット目序盤、福岡は5番白石の5連続サービスエースでリードを広げる。愛媛は8番伊藤のスパイク等で応戦するが、福岡の強烈なサーブや、スパイクに苦しむ。 福岡は終始リードを保ち、このセットを先取した。
 2セット目序盤、愛媛が8番伊藤のスパイク等でリードする。福岡は、コースを突いたサーブで得点を重ね、追い上げる。中盤、福岡は5番白石の強烈なスパイクや 4番小野の連続サービスエース等で、一気にリードを広げる。愛媛は、8番伊藤を中心に粘るが、福岡のサーブに苦しみ、そのまま押し切られた。
Pdf_small 戦評_バレーボール(精神)A3.pdf

ページの先頭へ

C準決勝 A-4
大阪府 2 25 - 7
25 - 17
三重県 0
 1セット目序盤、大阪は3番中村の効果的なサーブでリズムをつかみ、先行する。それに対して三重は、4番佐々木、2番松井のスパイクや12番服部の粘り強いレシーブで応戦するが、 大阪が多彩な攻撃で三重を圧倒し、このセットを先取した。
 2セット目序盤は、一進一退の攻防が続く。三重は2番松井、4番佐々木の攻撃を中心に、得点を重ねる。中盤、大阪は、12番小川のサービスエースをきっかけにリードを広げる。 三重は、7番伊藤のサービスエースや2番松井のコースを突いたスパイクで、追いすがる。終盤、三重が3点差まで追い上げるが、大阪が多彩な攻撃で振り切り勝利した。
Pdf_small 戦評_バレーボール(精神)A4.pdf

ページの先頭へ

D準決勝 A-5
福岡県 2 25 - 23
25 - 22
青森県 0
 1セット目序盤、福岡は、5番白石の3連続サービスエースでリードするが、青森は、1番石岡、6番棟方、11番太田を中心に高さのある攻撃で追いつく。その後、 終盤まで一進一退の接戦が続くが、福岡が5番白石、4番小野の強打で、粘る青森を振り切り、このセットを先取した。
 2セット目も序盤から一進一退の攻防が続く。両チーム譲らず、終盤まで1点を争う接戦が続く。最後は、福岡が5番白石の効果的なサーブで流れをつかみ、接戦の末勝利した。
Pdf_small 戦評_バレーボール(精神)A5.pdf

ページの先頭へ

E交流試合 A-6
埼玉県 2 25 - 23
25 - 17
岡山県 0
 1セット目、岡山は、3番阿邊、10番木下のスパイクや相手のミスも絡み、徐々にリードを広げていく。それに対して埼玉は、3番鈴木の速いトス回しから、1番高橋、 13番櫻井の速攻で追い上げ、逆転に成功する。その後は、両チーム粘り強いレシーブで、一進一退の攻防が続く。最後は埼玉が、粘る岡山を振り切り、このセットを先取した。
 2セット目序盤、岡山が、1番内座の連続サービスエースや4番前田のスパイク等でリードする。埼玉は、6番小阪、13番櫻井の連続サービスエース等で、中盤には岡山に追いつく。 埼玉は、6番小阪のスパイクや4番山本のブロックで少しずつリードを広げていく。中盤以降、埼玉が安定したプレーでリードを広げ、勝利した。
Pdf_small 戦評_バレーボール(精神)A6.pdf

ページの先頭へ

F交流試合 A-7
埼玉県 2 25 - 16
25 - 11
愛媛県 0
 1セット目序盤、愛媛は1番佐々木のサービスエースや8番伊藤のスパイクで得点を重ねる。埼玉は、13番櫻井、6番小阪を軸に得点を重ね、徐々に リードを広げていく。途中、愛媛の5番久米の負傷退場というアクシデントもあり、埼玉が大量リードのままこのセットを先取した。
 2セット目、序盤から埼玉が、13番櫻井の強打等でリードを広げる。愛媛は、1番佐々木のサービスエース等で応戦するが、その後も埼玉の強力なサーブ、 スパイク等で点差を広げられる。埼玉は、多彩な攻撃で愛媛を圧倒し、勝利した。
Pdf_small 戦評_バレーボール(精神)A7.pdf

ページの先頭へ

G3位決定戦 A-8
青森県 2 25 - 10
25 - 20
三重県 0
 1セット目序盤から、青森が6番棟方の速攻や11番太田の強打でリードを広げていく。三重は、2番松井、4番佐々木のスパイクで追いすがる。その後も青森が、 高さを生かした攻撃でリードを広げ、このセットを先取した。
 2セット目、序盤から両チーム譲らず、一進一退の攻防が続く。青森は、11番太田の強打、3番坂根のブロック等で得点を重ねる。三重は、2番松井、 4番佐々木のコースを突くスパイクが冴え、得点を重ねていく。そのまま両チーム譲らず、終盤まで1点を争う展開となった。最後は、青森が11番太田の サービスエースをきっかけに、6番棟方の強打や1番石岡のスパイクで、粘る三重を突き離し勝利した。
Pdf_small 戦評_バレーボール(精神)A8.pdf

ページの先頭へ

H決勝戦 A-9
福岡県 2 25 - 12
27 - 25
大阪府 0
 1セット目序盤は、両チーム譲らず、一進一退の攻防が続く。中盤、福岡が、5番白石のスパイク、4番小野のサービスエース、1番平松のブロックで連続得点し、 一気にリードを広げる。大阪は、3番中村のコースを突いたスパイクや13番平岡の速攻等で追いかける。しかし、福岡は10番常住のサービスエースや7番松尾のスパイク等で、 一気に差を広げ、このセットを先取した。
 2セット目序盤も、一進一退の攻防が続く。両チームとも多彩な攻撃で、得点を狙うが、お互いに粘り強いレシーブで白熱したラリーが続く。中盤、福岡が5番白石の強打や 4番小野のバックアタックで先行しようとするが、大阪も粘り強いレシーブから8番山本、4番黒木のスパイク等で追いすがる。終盤、福岡が5番白石のブロック、 1番平松のスパイクで連続得点し、一歩抜け出したが、大阪も粘り、9番小川のサービスエースで22対21と逆転に成功する。最後は、デュースの末、粘る大阪を振り切り、福岡が勝利した。
Pdf_small 戦評_バレーボール(精神)A9.pdf

ページの先頭へ


大会競技記録トップページに戻る

愛顔つなぐえひめ国体・えひめ大会のページに戻る