【公式見逃し動画】ドラマ「監察医朝顔2」を1話から全話無料フル視聴できる配信サービス!上野樹里・風間俊介ら出演作を広告なしで見れるサイトをお届け!

監察医朝顔2見逃し動画

ドラマ「監察医 朝顔2」動画を全話配信中の見逃し配信サービスは『FODプレミアム』

「監察医 朝顔2」はフジテレビの公式動画配信サービス『FODプレミアム』にて配信中!

今なら2週間の無料トライアルを実施中なのでタダでドラマを1話から全話視聴可能です。

ドラマ「監察医 朝顔2」を配信中のサービス比較

配信サービス 配信状況 無料期間
FODプレミアム ◎(独占配信中) 2週間
Paravi × 2週間
Hulu × 2週間
U-NEXT × 31日間
dTV × 31日間
TSUTAYATV&DISCAS × 30日間

「監察医 朝顔2」はFODプレミアムの独占配信作品です。

動画を楽しみたい方はFODプレミアムをご利用ください。

FODプレミアムってどんなサービス?
  • FODプレミアムはフジテレビの公式見逃し配信サービス
  • フジテレビ系列のドラマを独占配信中
  • 現在2週間の無料トライアルを実施中

国内の人気ドラマを多数配信中でドラマ好きに特に人気なサービスがFODプレミアムです。

\FODプレミアムで独占配信中/
今すぐ無料トライアル
監察医 朝顔2を無料で見る
▲2週間以内の解約で0円

本記事では「監察医 朝顔2」の見逃し動画を無料で楽しむための視聴方法をお届けしています。

ドラマ「監察医 朝顔2」動画を1話から全話無料視聴できる公式見逃しサービス

ドラマ「監察医 朝顔2」の動画を全話無料視聴できるのは『FODプレミアム』です。

1週間以内ならTverでも配信していますが放送後1週間で配信終了&CMが多いので全話視聴可能なFODプレミアムを選ぶのが賢い選択です♪

▼FODプレミアム公式サイトはこちら▼
今すぐ無料トライアル

FODの無料登録・解約方法

  1. FODプレミアムにアクセス
  2. 今すぐはじめるをクリック
  3. アカウントの作成
  4. 支払い情報の選択
  5. 登録完了

※支払い情報の登録をしても無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

  1. FODプレミアム公式サイトにアクセス
  2. マイメニューから『登録コースの確認・解約』をタップ
  3. 解約するをタップ
  4. 確認画面が表示されるので再度解約するをタップ
  5. 解約完了

簡単5つのステップで解約完了です!

▼FODプレミアム公式サイトはこちら▼
今すぐ無料トライアル

ドラマ「監察医 朝顔2」のあらすじと感想

「監察医 朝顔2」のあらすじと感想を紹介します。

お好きなところから読んでくださいね♪

1話:11月2日(月)

主人公は万木朝顔(上野樹里)は父と夫・娘と4人暮らしです。

どこにでもある普通の家庭と思いきや父の平(時任三郎)と夫の桑原真也(風間俊介)は刑事で朝顔自身も法医学者、ちょっと特殊なお仕事をしています。

とはいえ家庭内は平和そのもの、5歳の娘のつぐみ(加藤柚凪)を中心に笑顔の絶えない幸せな日々を送っていたのです。

時には、娘が「弟が欲しい」なんて言い出して気まずい雰囲気となることもありました。

そんな彼女らの周辺で事件が発生します。

近くのスタジアムにて突然火災報知器が鳴りだしたことから立体歩道橋に殺到、群衆雪崩が起きたのです。

単なる事故ではなさそうで、何しろ実際に火事は起こっておらずしかもなぜか薬品臭を感じたりそれに伴う症状を訴えている人もいます。

事故の起こる直前にはなぜか騒いでいた金髪の男性の目撃情報もあり、後日彼・佐藤祐樹(松田元太)はマスコミの取材に応じ「これは事故ではなく殺人だ」と訴えました。

この件、どのような真相となっているのでしょう。

警察と監察医の両方の立場から朝顔らは究明していきます。

群衆雪崩で死者が4名と意識不明者が1名と大惨事となっており、あの金髪男の佐藤も妻を失ったと言い出しているのです。

新人でありながらすでに鋭い観察力と知識の高さを持っていた朝顔、こちらの作品は「監察医朝顔」の第2作目ということで平と真也はそれぞれに野毛山署強行犯係・神奈川県警捜査一課に分かれました。

家庭では同じ屋根の下、朝顔と真也が結婚し5歳の娘のつぐみがいてとすっかり家庭環境は違っているのです。

守るべきものが出来て更に強くなった朝顔、監察医としての知識や経験も更に深くなったことでしょう。

平らも同じ警察官とはいえ違った場から事件を見ることが出来るがゆえに見えてくるものもあります。

今回のように不可思議な事件がいくつも舞い込んでくるでしょうが、鋭い推理が飛び出してくるものと期待しています。

「弟が欲しい」なんて言い出すつぐみちゃんがほんわかムードを醸し出してくれます。

(40代 女性)


新人監察医としての立場から今度は母であり妻であり平の娘でもある朝顔、同じ人物の成長した後の姿を同じ俳優さんが演じるのは難しいでしょうがだからこそ上野樹里さんの演技に注目です。

結婚はもちろん出産育児で女性は大きく変わる、育児は育自なのです。

新人時代からすでに父親仕込みの観察力なのかバンバン事件を解決してきた朝顔、だからこそ年齢を重ねて更にパワーアップしたものと信じています。

3作目だとつぐみちゃん待望の弟も出来て家族5人での「監察医朝顔」となるのでしょうか。

警察者のドラマは数多くあれど法医学者の立場からも事件を見るという作品は珍しく、ぜひとも続いていただきたいものです。

上野樹里ちゃんが成長していく姿も見たいのです

(40代 女性)


本当の母親を亡くした子供加藤ちゃんの演技がとても上手く感動しました。

加藤ちゃんと義理の親との生活もあらすじを見てとても面白そうでしたし、演技にのきたいできそうです。

解剖とかで分かるあたり本当に技術も進歩していてとても良いなと思います。

消えた妻を探すところもやっぱりお母さんは大切だなとも思いこれからのお母さんが見つかるのかもとても期待できとても楽しみです。

お父さんと呼ばれたところから義理とか気にせずに接し会えてるところでこれからのぼくの涙腺にもとても期待できそうです。

本当に私的なドラマ法医学者の意味も知りました。

負けず嫌いな人にもとても期待ができ人の想いに応えようとする学者さんたちもとてもこれからに期待してます。

(10代 男性)


法医学者が不詳の死にさせないために脂肪解剖で一生懸命に戦っているところがとても魅力に感じよかったです。

安藤ちゃんの演技の良さにも観劇で感動やおもいなど過去のことなど振り返らせてくれます。

5歳であんなにできるところがとてもすごいです。

僕にも妹がいますがこんなこと絶対にできません。

僕の妹もおねだりしてきますが。

やっぱりとてもかわいいです。

10歳のママののぞみにも期待してます。

望みの素晴らしさやちょっとしたことでも事故が起きるということも理解させてくれて一秒一秒本当に何が起こるかわからないということも実感させてくれて本当にこれから学ぶ事がありそうで期待できます。

安藤ちゃんが可愛すぎて仕方ないです。

これからも楽しみにしてます

(10代 男性)


このドラマの冒頭部分で感じたのは、朝顔がくらす家族がとても良い雰囲気で幸せそうで良い家族であることです。

イマドキ、親子同居などしている家族は少ないのに、それで、上手く行っているのがとても羨ましく思いました。

これも、一重に、時任三郎さんと風間俊介さんがもつ、温かみがあり人の良さが滲み出た雰囲気のせいではないかと感じます。

また、真也と平という、息子と義理の父親の二人が同じ事件を担当するというシチュエーションが、心の中ではありえないと思いながらも、興味深く視聴できました。

そして、娘の朝顔が法医学者として事件に絡んでくるという、よくできたドラマだと思いました。

この作品は、前作に続いて第2段ですが、上野樹里さんの法学者という役柄も板についてきた気がします。

(50代 男性)


このドラマの中で、私が最も注目している音は桑原真也を演じている風間俊介さんです。

彼は、いつも誠実で優しい役柄を演じてくれていますが、今回もそのパワーを惜しみなく披露してくれました。しかも、刑事役で正義感が強い男性を見事に演じています。

義理父の平に対しても、親身に接していて彼の役柄を見ているととても心温まりました。

次に注目しているのは、平を演じている時任三郎さんです。

とてもベテランの俳優さんですが、笑顔や雰囲気がとても優しくて見ていると優しい気分になれます。時任三郎さんは映画海猿にて人情味あふれる海上保安庁の上司役を演じていましたが、その時の雰囲気もこのドラマで感じ取ることができました。

そして、やっぱり外せないのが、ヒロインの上野樹里さんです。

かつて、ノダメカンタービレなどで、コミカルな役を演じていましたが、今回は一転して、シリアスで優しい役柄を演じています。

こんな一面もあったんだと、改めて感心させられました。

(50代 男性)


第1作では新人法医学者から始まった朝顔が、今や5歳の娘の母であり桑原真也くんの妻です。

つぐみちゃんがいい味を出してくれていました。

義父もいる前で「弟が欲しい」と言われちゃうと真也としても・そして平だって言葉を発せなくなるでしょう。

先輩刑事と同居、息が詰まりそうですが良いクッションとなってくれているはずです。

幸せな家族の風景があるからこそ事件の悲惨さが伝わってくる、自然災害と同じく人災だってどこで降りかかってくるか分からないのです。

立体歩道橋には子供とかはいたのでしょうか。

パニックになる人々が殺到する光景、さぞや恐ろしかったことと思います。

そして次々と謎が降りかかってくる、人生経験を積んだ朝顔たちがどういった推理をするのか楽しみです。

(40代女性)


ママとしての貫禄が付いた朝顔を演じる上野樹里さんに注目です。

おうちの中は平和でも世間には様々な事件がいっぱい、不可解な謎も降りかかってくるでしょう。

ですが新人時代でも高い頭脳を誇った彼女ですから更にパワーアップしており、素晴らしい推理を繰り広げてくれるはずです。

朝顔は法医学者の立場から、そして野毛山署強行犯係の刑事として父親の平がいますし平の元部下だった桑原真也も今は神奈川県警捜査一課の刑事です。

3方向から見ることでたったひとりでは見えなかった景色も見えてくるというものです。

保育園に送って行ってから仕事に、世のママさんと同じく朝顔も頑張っているんだなと微笑ましいものです。

もしかしたら、上野樹里さん自身も経験していることかもしれません。

(40代女性)


朝顔と真也、つぐみ、父の平と4人の生活は、とても優しい雰囲気に包まれていてほっこりできました。

しかし、つぐみの「おねえさんになったら弟くる?」という子供ならではの発想には脱帽でした。

子供って面白いです。群衆雪崩の事故が起こり、平と真也らが捜査活動をしていくシーンと並行して、現場検証のグループ、そして朝顔らも調べを進めていくシーンは緊迫感があり、一緒にその事故の謎を考えていける感じが興味深く見れて良かったです。

朝顔らも真摯に現場の確認をし、その中で身元不明で亡くなった男性を解剖・監察し、皆の力で細かく読み解いていきます。

朝顔は身体の解剖から、平は男性の所持品から行動を調べていき、亡くなった男性の尊厳を守って上げれたのはすごく良かったです。

(50代女性)


朝顔役の上野樹里さんの、色々な事件や事故が起こり、その亡くなられた方に対する気遣う表情が素敵です。

そして、仕事中とはまた違った家庭での、朝顔の家族との生活感のある自然な演技が、安心して観ていられます。

夫の真也役の風間俊介さんも、計らずも恋愛相手のお父さんが自分の上司で最初は戸惑っていましたが、今は義理の父との家族生活も板につき、優しい旦那様っていう感じが良い感じです。

その娘のつぐみちゃんも、天真爛漫でかわいくそのシーンもほっこりできて楽しみとなっています。

また、職場では、主任教授の茶子先生は相変わらず世界を旅をしつつも、みんなの支えとなり明るく指導している所も、ご遺体を調べていくという繊細で緊張感のある現場を明るく見守っているのも素敵です。

(50代女性)

2話:【監察医朝顔11/9放送】<第2話>14歳・双子の弟の不可解な死、事件に隠された涙の真相【フジテレビ】

野毛山署管内で見つかったのは男子中学生の遺体です。

矢野諒(池田優斗)14歳、午前5時から6時頃に亡くなったようで野球のユニフォーム姿で散歩中の近隣の住民に発見されたのです。

さっそく呼び出しを受けて出ていく朝顔(上野樹里)、父の平(時任三郎)も出勤です。

桑原(風間俊介)はというと娘のお世話・母と遊ぶ約束をしてたのにと、不満顔のつぐみでした。

諒の死因はみぞおちの付近に強い衝撃を与えられたから、この段階では殴られたからかどうかは分からず捜査の方向性を決めるためにも断定してほしいという検視官・丸屋(杉本哲太)と朝顔ら観察側がヒートアップします。

そんな中でなんと諒の父親が階段から落ちて意識不明となっているという情報が入ってきたのです。

彼の事件とどういった関係があるのか、諒には母親がいなかったので身元確認でやってきたのは祖母の咲江(柳谷ユカ)でした。

そして双子の兄もやってきています。

一卵性双生児の兄の一馬、その見た目は正に被害者である諒とそっくりでした。

そのあたりにも事件解決の糸口というのはあるのでしょうか。

遺体の横にはグローブ・そして金網の上部に挟まったボールなど、状況も観察した平や朝顔はどのような結論を出すのでしょう。

このドラマでは死と向き合い、扱う事が仕事なので悲しいお話が多いです。

そして今回は双子の少年のうちの一人が亡くなるというお話でしたが、まだ幼い中学生の男の子が亡くなってしまうのはとてもいたたまれない気持ちになりました。

さらに悲しいのは残された方。

二人は運動や人気などで差があり、亡くなったとされたのは運動ができないりょう君とされていました。

しかし、真相は反対で、一卵性双生児の為本人が和馬じゃないと言うまではわからないというのが恐ろしいなと思いました。

朝顔が気づいてあげられなかったら、そのまま和馬君として人生を送れば、傷つき絶望する人生になっていた可能性があります。

朝顔のおかげでりょう君を含む全員が真実と向き合えて、本当に良かったと思います。

(30代男性)


上野樹里さんの芯の強い透明感みたいなものを持っているところが好きです。

死と、真実と向き合い遺族に伝える。

朝顔のいいところは、真実を探り、必ず遺族に伝える為奔走する。

そんな自分のやるべき仕事をきっちりやりきる朝顔の役は、上野さんのイメージにぴったりです。

また、時任三郎さんも共演してるからか、波長というか雰囲気がぴったり上野さんに合い本当の親子に見えます。

彼もまた哀愁漂わせながらも、かっこいいお父さんという感じでとても頼もしい男性だと思います。

そして柄本明さん。

時には悪徳政治家役、そして本作では家族の、朝顔の心を想う大じぃじの役。

つぐみと話す時の優しそうなおじいちゃんの声は観ててとても癒されます。

それだけに家族を失った悲しみも同じくらい感じ、皆さんドラマにのめり込ませてくれます。

(30代男性)


正直、まだお母さん見つからないのかというのが率直な気持ちです。

朝顔と平の表情を見てるとたまらなく切ない気分になりますが、それでもなんとか前を向こうと努力してるのもよく伝わります。

そこでやはりつぐみの存在は大きくて、今回も家族の描写がいくつもありましたが、そんなつながりをベースとした何気ないシーンが一番愛おしく感じさせるドラマだと思います。

今回の双子の件も考えさせられます。

りょうくんも言うに言い出せない気持ちもよくわかります。

多感な時期ですから、尚更まわりが「和馬の方が良かった」なんて言ってると辛くて悲しいでしょう。

一応今回はこれで事件は解決ですが、劣等感が拭えない彼は、これからが勝負だと思います。

ともかく、このまま和馬くんと間違えられたまま人生を送る様な事にならなくて良かったです。

(30代男性)


上野樹里さんはずっと注目していました。

他の女優さんにはまた当てはまらない方向の透明感と言いますか、清廉さがあると思ってます。

辛い事があっても懸命に前を向いていく女性の役は、うってつけなイメージです。

中村倫也さんと共演してるCMの様にモロに強い女性も似合いますし、朝顔の様な強くなろうとしているのもどちらも好きです。

また、高い演技力がありますので、時任三郎さんに負けない程ドラマに没入させる、会ってしまったら思わず朝顔だ!と思わせるくらい役に入っていると思います。

また、そこに桑原真也役の風間さんがいい味を出していて、互いに支え合う、心を通わせ合う二人のやりとりはつぐみと合わせていつも涙してしまいます。

観てて本当に家族でもおかしくないこの家族に幸あれ、と願うばかりです。

(30代男性)

3話:【監察医朝顔11/16放送】ミイラ化遺体は20年前の凶悪犯!?【フジテレビ】​

現在準備中です突如、朝顔一家の家を訪れる山倉係長。

ずぶ濡れの中、ただごとではないと悲しそうな顔で来た彼を平はほっとくわけにもいかない。

そして彼を家に入れる事になる。

困惑する朝顔と、その後に桑原も帰ってきて山倉から事情を聞くと、「彼にとっての左遷とも言える不本意な異動が待っている」との事で落ち込んでいたのだった。

そして、一通り彼の話を聞いて慰めてあげた後に彼を帰した。

後日、場面は変わり、朝顔が仕事で丸屋から呼び出された現場。

ここでは彼が誰かと何かを言い争っているところを目撃する。

そこには以前朝顔と面識のある男性・伊東の姿があった。

再会を懐かしむのも束の間だった。

何故こんな事になっているかというと、事件について神奈川県警と、先に関わった山梨県警の丸屋でどちらがこの件を担当するか争っていたのだった。

しかし、その結果、解剖医が仕事がいっぱいで診れなかったりと色々できない理由があり、この遺体は神奈川県警が見る事になった。

この男性は、今のところ死亡時期が不明なうえ、身元不明でミイラ化しているとの事。

しかも、なぜかタキシードを着ていて、蝶ネクタイまでしており謎に包まれているのだった。

何故こんなにも必死にこの事件を扱うのかというと、「この遺体は重大事件の容疑者の可能性がある」事を言われ…

果たしてこのミイラ化した遺体は一体…

二つの県の県境で起きた事件、となるとどちらの警察が対応するかが問題となります。

かつて「踊る大捜査線」では面倒だからという理由で相手に押し付けようとしていたものですが、どうやら「朝顔」の刑事たちはやる気があるようでむしろ自分たちが担当だと言って争うのです。

それにしても、「自分たちの方が第一報は早かったから山梨県警だ」という側と、「この件は神奈川県警が追ってきていたのだから」という側、まるで子供の喧嘩みたいと思ってしまいました。

不毛な争いを終わらせるのは第3者の役割、何しろ山梨医大の方は解剖の予定が詰まっていてそれ以上の案件を引き受ける余力はないというのですからしょうがありません。

こうして朝顔らが調べることとなったこの遺体、タキシードを着ているミイラとは不気味です。

(40代女性)


神奈川県警検視官の丸屋を演じる杉本哲太さん、山梨県警側の検視官の伊東を演じる三宅弘城さんに注目です。

いいおじさんが二人、丸屋は神奈川県警から山梨県警へと異動となったということですから、元々は同僚だったはずで、でもきっとそのころから競い合っているライバル同士なのでしょう。

熱くなるおじさま方をしり目に、「解剖の予定が詰まっている」と冷静に判断する山梨医大の法医とのギャップが面白いです。

とはいえ、市民の安全を守りたいと頑張る姿はいい、これからもライバル同士で競い合っていつまでも第一線で活躍してほしいです。

もしも、丸屋の言う通り、重大事件の容疑者だったとしたら大出世・伊東は後れを取って悔しさに歯ぎしりすることとなりそうです。

(40代女性)


3話では調査対象の遺体はミイラでしたが、解剖のシーンがなかったので、子どもが一緒でも安心してみられました。

そして、朝顔や他のキャストたちも淡々とした演技だったので、大袈裟に涙を誘おうといういやらしい目論みがなく気持ちよく視聴できました。

あまり話も難解ではなく、医療ドラマというよりもホームドラマのような雰囲気で見た後の後味が良かったです。

ただ、遺体についている虫の種類から死亡推定時期や死因などを調べるという手法は、感心されられました。

実際に調べてみると、本当にアメリカなどで活用されているようです。

このドラマでは、警察や包囲学の話と並行して、朝顔の家庭のシーンが盛り込まれるところもとても良いです。

朝顔夫婦と可愛い女の子、そして、朝顔の父が笑顔で食卓を囲んでいるシーンを見ると心温まります。

(50代男性)


最大の注目キャストは、法医学者の朝顔を演じる上野樹里さんです。

とても爽やかな雰囲気が魅力的です。

彼女の演じるキャラ設定が、優しく思いやりがあり、仕事に対して真正面から真面目に取り組む姿勢が見ていて爽やかです。

そして、彼女の母親としての演技も、とても優しくて心温まります。

また、朝顔の夫の真也を演じる風間俊介さんも好印象です。

ちょっと可愛らしくも見える甘いマスクは、今回の優しい男性の役にとてもあっています。

そして、朝顔の父の平に接している様子も、とても良い義理息子を演じていて優しい気持ちにさせてくれます。

そして、平を演じる時任三郎さんは誰もが知るベテラン俳優で、刑事としての演技もつぐみのおじいちゃんとしての演技も、人間味があふれていてとても良いです。

(50代男性)

4話:【監察医朝顔11/23放送】謎多き密室殺人!犯人は姉か、恋人か?【フジテレビ】

法医学教室に出勤した朝顔でしたが、突如連絡が入る。

電話応対したのは藤堂だった。

そして、その電話の相手は茶子からだった。

そして彼女から出た言葉は「車に閉じ込められたから、今日は休む」というもの。

思いがけない言葉に、にわかには信じがたい藤堂は「絶対、嘘の言い訳だ」と、彼女の言い分を怪しみまともに取り合おうとしなかった。

そして、そんななか平の方はというと、実は万木家とも深いかかわりのある忍と出会っていた。

一方で、事件の方では、とあるマンションの一室で20代の若い女性が亡くなっているとの通報が入る。

そこで野毛山署強行犯係の面々とともに朝顔が調べると、遺体の死因はおそらく窒息死と思われ、その首にはうっすらと紐状の様なもので絞められたあとがあるとのこと。

そして、そのベッドに横たわっている遺体はウェブデザイナーの坂井亜衣という女性だった。

姉・美優から「妹と連絡がとれない」と大家を通して通報を受けて、今回の捜査が始まったとの事。

そして、怪しい点としては、部屋はドアや窓などすべての鍵がかけられており刑事たちは密室殺人ではないかと色めき立つ様子。

そこで、姉の美優の証言によると、亜衣の死因は、亜衣の交際相手が怪しいのではないかということだが…

4話では、密室殺人がテーマで、おおよその内容は、桑原くんのお姉さんが刑事として登場したことと、茶子先生に男の影があること、大じいじの隠し事がバレてしまうという内容でした。

4話を見ていて、最初に思ったのは、あの絵に描いたような人の良い桑原くんが浮気したのか?という疑惑にびっくりでした。

聖奈って一体誰だ?と感じました。

しかし、個人的には浮気はしていないと信じています。

次回の予告を見ていると、桑原くんが聖奈さんと会うみたいなので、どんな展開になるのか楽しみです。

このドラマは、本質の事件捜査についての描写は今ひとつですが、人間模様がうまく描かれていて、見応えがあると思いました。

特に、大じいじが持っていた歯の真相や、大じいじが病気かもしれないという説など、興味深いストーリーが満載です。

(50代男性)


このドラマの代々の注目キャストは、朝顔を演じる上野樹里さんです。

彼女の聡明な雰囲気は、真面目な法学者にぴったりです。

彼女の役柄はとても優しい女性で、仕事で知り合ったご遺族に対しても、遺体に対しても、自分の子どもに対しても常に優しく接するところが魅力と言えるのではないでしょうか。

そして、朝顔の父の平を演じる時任三郎さんの演技も魅力的です。

ベテラン俳優ということもありますが、とくに、つぐみのおじいさんとしての表情はとても温かみがあり、見ていると心温まります。

そして、朝顔の夫の桑原真也を演じる風間俊介さんも見ているととても爽やかで好印象です。

4話では、謎の女性の田村聖奈と会っていますが、二人はどんな関係なのかが気になるところです。

(50代男性)


首を絞められての死体、ドアも窓も施錠されているからと密室殺人だと騒いでいますが鍵を持っているものこそ怪しいのではないでしょうか。

例えば大家、はさすがにバレバレすぎて逆に違うかもしれません。

でも、交際相手だって合鍵をもらっている可能性は高い、二人っきりの姉妹ならば姉の美優も怪しいです。

鍵を開けて強行におよび、そのあと閉めて逃げていったというだけの単純な犯行、ただし合鍵を持ってそうな人物はすでに3人。

その中で誰が犯人か絞るのは厄介かもしれません。

そのマンション、防犯カメラとかはどうなっているのでしょう。

鍵と言えば、車に閉じ込められているのに嘘だと言われて放置されている茶子のことも気になります。

彼女のことも何らかの関係性があるのでしょうか。

(40代女性)


注目キャストは茶子を演じる山口智子さんです。

というよりも、もうちょっと注目してあげた方が良いのでは、車に閉じ込められているって普通は鍵なんて持ってなくとも中からすぐに開けられるはずなのにどういうことなのでしょう。

もしも、嘘の言い訳をして仕事を休むというなら、もっとそれらしいことを言うはず、とんでもない理由ならばそれは嘘っぽくても真実と受け止めるべきです。

その車、空調関係はどうなっているのでしょう。

動かすことは出来るのか、暑い夏に車内に閉じ込められて幼い命が失われたといったニュースを聞くことも多く恐ろしい状況かもしれません。

マンションの殺人事件に話が移って人々の関心もそちらへと向かってしまいましたが、もう少し気に掛けるべきです。

(40代女性)

5話:【監察医朝顔11/30放送】東北、神奈川2箇所同時解剖?2人のご遺体が語る真実とは【フジテレビ】

朝顔(上野樹里)の元に解剖の依頼が、遺体は71歳の女性ということだった。

8年前に脳梗塞で倒れて以来寝たきりだった彼女、遺体となって発見されたのは死後二日ほど経過しているとのこと。

それなのに娘の奈々子(池津祥子)が通報してきたのは今朝で死後数日経過している。

空白の二日間、どうしていたのだろうか。

ベテラン刑事であるはずの佐山(才勝)は、奈々子は彼女が小さなころから知っている相手、それだけにまさか彼女が怪しいとは思えずいつも通り第一発見者ゆえに力を入れて取り調べを行う丸屋(杉本哲太)衝突をする。

そのころ、法医学教室の他のメンバーが解剖を行っていたのは、就寝中に強風で看板が飛ばされてきて窓ガラスが割れ、それが突き刺さったことで死に至ったという遺体だった。

というよりも、その刺さったガラスを自身で引き抜いたがゆえの失血死だった。

しかし、それが本当に事故なのか、平(時任三郎)は疑問に思い現場をもう一度操作してみる。

父と妻が忙しくしている頃、桑原(風間俊介)はカフェである女性と会っていた。

彼女の名は田村聖奈(中村里帆)といい、一体どういった関係なのだろうか。

事件か事故か、ぱっと見どちらか分からず状況的に疑問の残る二つの案件。

目撃者らしい目撃者もおらず、遺体と現場の状況によって判断しなければならないという、見事解決することが出来るのか。

現在準備中です。

ドラマ「監察医 朝顔2」の作品情報

「監察医 朝顔2」はフジテレビ系列にて 2020年11月2日から放送されるドラマです。

放送時間帯は毎週月曜日の21:00~です。

公式サイト
公式Twitter
公式インスタグラム

原作:
香川まさひと『監察医 朝顔』

主題歌:
折坂悠太『朝顔』

ドラマ「監察医 朝顔2」のキャスト出演者

  • 万木朝顔…上野 樹里
  • 万木平… 時任 三郎
  • 桑原真也… 風間 俊介
  • 安岡光子… 志田 未来
  • 高橋涼介… 中尾 明慶
  • 森本琢磨… 森本 慎太郎
  • 沖田宗徳… 藤原 季節
  • 岡島浩司… 斉藤 陽一郎
  • 愛川江梨花… 坂ノ上 茜
  • 熊田祥太… 田川 隼嗣
  • 渡辺英子… 宮本 茉由
  • 富澤… 辰巳 雄大
  • 桑原つぐみ… 加藤 柚凪
  • 山倉伸彦… 戸次 重幸
  • 藤堂絵美… 平岩 紙
  • 伊東純… 三宅 弘城
  • 丸屋大作… 杉本 哲太
  • 藤堂雅史… 板尾 創路
  • 夏目茶子… 山口 智子
  • 嶋田浩之… 柄本 明

本ページの情報は2020年12月時点のものです。 最新の配信状況はFODにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。