【公式見逃し動画】ドラマ「僕はまだ君を愛さないことができる」を1話から無料フル視聴できる配信サービス!足立梨花×白洲迅主演作を広告なしで見れるサイトをお届け!

僕はまだ君を愛さないことができる動画見逃し

ドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』動画を全話配信中の見逃し配信サービスは『FODプレミアム』

ドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』はフジテレビの公式動画配信サービス『FODプレミアム』にて配信中!

今なら2週間の無料トライアルを実施中なのでタダでドラマを1話から全話視聴可能です。

ドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』を配信中のサービス比較

配信サービス 配信状況 無料期間
FODプレミアム ◎(独占配信中) 2週間
Paravi × 2週間
Hulu × 2週間
U-NEXT × 31日間
dTV × 31日間
TSUTAYATV&DISCAS × 30日間

ドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』はFODプレミアムの独占配信作品です。

動画を楽しみたい方はFODプレミアムをご利用ください。

FODプレミアムってどんなサービス?
  • FODプレミアムはフジテレビの公式見逃し配信サービス
  • フジテレビ系列のドラマを独占配信中
  • 現在2週間の無料トライアルを実施中

国内の人気ドラマを多数配信中でドラマ好きに特に人気なサービスがFODプレミアムです。

\FODプレミアムで独占配信中/
今すぐ無料トライアル
ドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』を無料で見る
▲2週間以内の解約で0円

本記事ではドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』の見逃し動画を無料で楽しむための視聴方法をお届けしています。

ドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』動画を1話から全話無料視聴できる公式見逃しサービス

ドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』の動画を全話無料視聴できるのは『FODプレミアム』です。

1週間以内ならTverでも配信していますが放送後1週間で配信終了&CMが多いので全話視聴可能なFODプレミアムを選ぶのが賢い選択です♪

▼FODプレミアム公式サイトはこちら▼
今すぐ無料トライアル

FODの無料登録・解約方法

  1. FODプレミアムにアクセス
  2. 今すぐはじめるをクリック
  3. アカウントの作成
  4. 支払い情報の選択
  5. 登録完了

※支払い情報の登録をしても無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

  1. FODプレミアム公式サイトにアクセス
  2. マイメニューから『登録コースの確認・解約』をタップ
  3. 解約するをタップ
  4. 確認画面が表示されるので再度解約するをタップ
  5. 解約完了

簡単5つのステップで解約完了です!

▼FODプレミアム公式サイトはこちら▼
今すぐ無料トライアル

ドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』のあらすじと感想

靴メーカーに勤めている御手洗 陽(足立梨花)は、順調にキャリアを積みながらやりがいのある毎日を過ごしていた。ただし恋愛に関して言えば、最近は失恋ばかり…。そんな陽が唯一心を許して何でも話せる大親友は、高校・大学と同級生だった 石田 蓮(白洲 迅)だった。蓮は、都市の再開発を手がかるデベロッパー企業に勤めていてる。
陽と蓮は陽の29歳の誕生日に、30歳になるまでに先に結婚した方が、ご祝儀を30万円包むという賭けをした。ふたりは良き理解者であり、恋愛関係に発展するなんて考えれないと言い切る。ところがその賭けが引き金となって、蓮の会社で甘え上手な後輩から猛烈にアタックされたり、陽の会社のイケメン後輩が急に接近したり、未だ気になる元カレと再会したり…と、今まで親友同士だった、ふたりの関係に微妙な変化が起きてくる。

蓮が陽に高校時代に何気なく言った一言がお互いが社会人になった今でも苦しめ続けるとはとても切なく、悲しいことでした。お互い自分の気持ちに蓋をしたまま親友として過ごすことが最善だと考えていましたし、それは上手く行っているようにも見える時がありましたが、やはり自分自身の気持ちに徐々に嘘がつかなくなっているのは見ている側はとてももどかしい気持ちでした。一言好きだと言えば終わる話ですが、様々な人や運命によって翻弄されてなかなか言い出すことや巡り会うことが出来ない2人には途中からは頑張って欲しい気持ちとこれからどうなってしまうのだろうかと不安もありました。それと何年たって2人の色あせない友情や恋心も素晴らしいものでした。


私は蓮がとても人間的にも好きでした。絵に描いたような男として何でも出来る蓮は見ている自分もとても勉強になりました。優して性格も良く、困っている人がいたら助ける行動力はとてもかっこよかったです。でも陽に高校生の時に言ってしまった一言がこんなにも蓮を苦しめてしまうことだとは思っていませんでした。本当は好きなのだか、この気持ちを伝えてしまったら今の関係が崩れるのを恐れたり、親友だと思っているからこその難しさがあったりしますが、その時々の気持ちを上手く表現されていて、見ていてとても分かりやすかったです。陽のために沢山のことを犠牲にしてまで、陽のことを高校生から何年経っても思い続けている蓮の男らしさもとても魅力的です。


家族、仕事、友人関係など社会人の悩みは様々あるとは思いますが、中でも恋愛と結婚に関する問題は尽きることなく悩みが生まれる源泉である事でしょう。恋人が居なければ居ないで苦しい、居たら居たで煩わしい、どうにか結婚しても浮気や生活費などあれやこれやと悩みは尽きず、どう転んでも苦しみ続ける羽目になるのが恋煩いの本質だとは思うのですが、そういう視点に立てばこのドラマのテーマがわりとポップかつ明るいものに思えます。主人公の陽はバリバリ働くOLで、見た目も社会人としての能力も申し分無いのですが、過去の経験から恋に奥手になってしまっており…、という設定は昨今なんだかんだとややこしいストーリーの多い恋愛ドラマの中ではかなりシンプルで、すんなり飲み込みやすい、見る人を選ばないものになっていると思います。最大の理解者である親友は異性で、本当は付き合いたいけど恋愛関係になるといつか別れる事になるかもしれないし、という陽の悩みはいじらしい程愛らしく純粋で、女の子らしい繊細な感情は女性視聴者に強い共感を感じさせる事でしょう。悩みとしては比較的ライトで、悩みに向き合う姿そのものはシリアスでありながら決定的には人生にさほどの影響はないという陽の心情は、気負うことなく楽しめるちょうど良いバランスになっていると思います。陽をいつもやさしく見守る蓮の暖かさを是非感じて下さい。


最初に見た印象からずっと変わらず感じている事なのですが、蓮役の白州迅さんがとにかくちょうど良い。見た目、喋り方、態度、どれをとってもアラがなく、親友としても恋人としても夫としても全く違和感がありません。この丁度良さは白州さん自身のキャラクターなのか、不断の努力による役作りの末に出来上がったものなのか定かではありませんが、ピンポイントでちょうど良い点を正確に狙い撃つかのようなキャラ設定は信じ難いほど説得力があります。この男のためなら陽があんなに悩んだのも無理はないだろうという納得を視聴者に自然に与える白州さんの演技は必見です。陽役の足立梨花さんについても、このドラマへの配役は非常にナチュラルなものに感じられ、普段の足立さんの個性と役作りによって付け足されたキャラクターが自然にマッチしており、足立さんの魅力が大きく引き出されています。ごく普通だけど、決してありきたりではない、絶妙な演出を楽しんでほしいと思います。


石田蓮(白洲迅)と御手洗陽(足立梨花)の2人の関係が話が進むごとにどうなっていくかについてとても気になり、釘付けになりました。男女の友情があるか無いかがよく議論されがちですが、このドラマを見て石田蓮と御手洗陽のような関係に憧れを抱きました。毎回、陽の気持ちになって泣いたり、蓮の気持ちになって笑ったり、そして、胸が苦しくなったり、キュンキュンしたりと、どの話を見ても色々な感情が込み上げてくるドラマです。何度見返しても楽しめました!仕事で上手くいかない時、恋愛で上手くいかない時、逆に仕事で上手くいった時、恋愛で上手くいった時、誰に一番伝えたいかを考えた時に、真っ先に思い浮かべる人こそが大切にしなきゃいけない人なんだと改めて気付かされるドラマでした。


石田蓮を演じる白洲迅さんと御手洗陽を演じる足立梨花さんです。2人のかけ合いは、毎回面白く、息がぴったりで、わたしにもこんな親友がいたら良いなと思わせてくれるくらい魅力的です。石田蓮は、どんな時でも御手洗陽に何かあれば駆けつけて、彼女に手を差し伸べるところが素敵でした。毎回そのシーンでは、彼のセリフが同じセリフでも状況によって少し声のトーンや話し方を変えており、陽に対しての感情の違いが素人のわたしでも伝わってきました。話が進むごとに彼の表情が少しずつ変化していたので話が入ってきやすかったです。御手洗陽は、仕事モードとオフモード、そして、石田蓮といる時の表情や雰囲気が違い、見てて飽きることがありませんでした。

ドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』の作品情報

ドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』は2019年7月15日から放送を開始。

放送時間帯は毎週月曜日の26:25~でした。

公式サイト
公式Twitter
公式インスタグラム

原作:
シュー・ユーティン『イタズラな恋愛白書(原題:我可能不會愛你)』

主題歌:
indigo la End/結び様

ドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』のキャスト出演者

  • 御手洗 陽…足立梨花
  • 石田 蓮…白洲 迅
  • 水沢竜星…浅香航大
  • 河野麻希…松本妃代
  • 鳴海 悠…佐久間 悠
  • 御手洗 学…永野宗典
  • 石田真琴…早織
  • 石田静香…中村久美
  • 御手洗隼人…廣川三憲
  • 御手洗 春…かとうかず子

本ページの情報は2020年12月時点のものです。 最新の配信状況はFODプレミアムにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。