北の国からの無料視聴方法は?ドラマ公式動画を1話も2話以降もフル視聴できる配信サイトや再放送情報をお届け!

北の国から動画見逃し

ドラマ「北の国から」動画を全話配信中の見逃し配信サービスは『FODプレミアム』

ドラマ「北の国から」はフジテレビの公式動画配信サービス『FODプレミアム』にて配信中!

今なら2週間の無料トライアルを実施中なのでタダでドラマを1話から全話視聴可能です。

ドラマ「北の国から」を配信中のサービス比較

配信サービス配信状況無料期間
FODプレミアム◎(独占配信中)2週間
Paravi×2週間
Hulu×2週間
U-NEXT×31日間
dTV×31日間
TSUTAYATV&DISCAS×30日間

ドラマ「北の国から」はFODプレミアムの独占配信作品です。

動画を楽しみたい方はFODプレミアムをご利用ください。

FODプレミアムってどんなサービス?
  • FODプレミアムはフジテレビの公式見逃し配信サービス
  • フジテレビ系列のドラマを独占配信中
  • 現在2週間の無料トライアルを実施中

国内の人気ドラマを多数配信中でドラマ好きに特に人気なサービスがFODプレミアムです。

\FODプレミアムで独占配信中/
今すぐ無料トライアル
ドラマ「北の国から」を無料で見る
▲2週間以内の解約で0円

本記事ではドラマ「北の国から」の見逃し動画を無料で楽しむための視聴方法をお届けしています。

ドラマ「北の国から」動画を1話から全話無料視聴できる公式見逃しサービス

ドラマ「ドラマ「北の国から」」の動画を全話無料視聴できるのは『FODプレミアム』です。

1週間以内ならTverでも配信していますが放送後1週間で配信終了&CMが多いので全話視聴可能なFODプレミアムを選ぶのが賢い選択です♪

▼FODプレミアム公式サイトはこちら▼
今すぐ無料トライアル

FODの無料登録・解約方法

  1. FODプレミアムにアクセス
  2. 今すぐはじめるをクリック
  3. アカウントの作成
  4. 支払い情報の選択
  5. 登録完了

※支払い情報の登録をしても無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

  1. FODプレミアム公式サイトにアクセス
  2. マイメニューから『登録コースの確認・解約』をタップ
  3. 解約するをタップ
  4. 確認画面が表示されるので再度解約するをタップ
  5. 解約完了

簡単5つのステップで解約完了です!

ドラマ「ドラマ「北の国から」」最新再放送情報!

ドラマ「北の国から」の再放送があるのかどうか、各サイトにて最新配信状況を調べました。

フジテレビ番組表×
フジテレビONE/TWO/NEXT番組表×
ドラマ公式サイト×
Tver×
yahoo!TVガイド×

現在、ドラマ「北の国から」の再放送情報はありませんでした。

再放送枠は年々減っており、過去作品はどのテレビ局も最近では配信が主流になりつつあります。

フジテレビ系列の公式配信サイトのFODプレミアムであれば、無料トライアルを使って最新作〜過去作まで動画が視聴可能!

いつになるかわからない再放送を待つよりも、FODプレミアムで視聴した方が便利でお得♪

無料トライアル期間中に解約すればもちろんお金がかかることはありません!

▼FODプレミアム公式サイトはこちら▼
今すぐ無料トライアル

ドラマ「北の国から」のあらすじと感想

ドラマ「北の国から」のあらすじと感想を紹介します。

お好きなところから読んでくださいね♪

五郎(田中邦衛)は妻の令子(いしだあゆみ)に家を出ていかれる。

純(吉岡秀隆)と螢(中嶋朋子)の幼い子供2人とともに、富良野のふるさとに戻った五郎。

老朽化した実家は電気・水道・ガスすら通っておらず、水くみのためには近くの沢まで足を運ばなければならない自然に囲まれた生活が始まる。

東京暮らししか経験のない純は「東京へ戻りたい」と令子に手紙を書く。

その後、純と螢のもとに令子の代理人弁護士・本田(宮本信子)がやって来る。

純は一旦東京に戻る決意をするが、清吉(大滝秀治)に「それは負けて逃げることだ」といわれ思いとどまるが、なかなか富良野での生活には馴染めないでいた。

更に、父親の五郎が螢のことばかり気にかけているのも不満だった。

一方で令子の妹・雪子(竹下景子)もまた別れた恋人のことで悩みを抱えていた。

なんと言ってもあの北海道の大自然に存分に触れることが出来ることと、小さな家族の深くて大きな愛を感じられるところがこのドラマの素晴らしいところだと思います。

無骨な父親の五郎と、小さいながらに一生懸命に自分の人生を生きる純と蛍の姿に、何度涙を流したかわかりません。

このドラマが始まった頃、ちょうど純と同じ歳くらいだった私にとっては、遠くに住む友達を見ているような気持ちだったのを懐かしく思い出します。

そんな純や蛍がどんどん成長していく姿と自分をよく重ねて見ていました。

人生は思い通りに行かないことが多い中、どう生きていくのかを考えさせてくれる、バイブルのようなドラマだったと思います。

こんなに身近に感じられて感動出来るドラマは、この先も生まれる事はないと思います。

(40代女性)


やっぱり黒板五郎を演じた田中邦衛さんの、口数が少なくて決して器用ではないけど、自分の人生を自分の足で歩きたいという強い意志と、あまり表には出さないけど子どもたちを心から愛している姿を、本当に素朴に演じる役者魂のようなものに、心の底から尊敬しています。

見始めた頃はこんなに長く続く物語だとは思っていましたが、いつの間にか、この物語を当たり前のように毎回楽しみにしている自分がいました。

そんな気持ちにさせてくれたのは、田中邦衛さんや吉岡秀隆さん、中嶋朋子さんが一つの家族として成長していく姿を丁寧にそして、とても自然に演じてくれたからだと思います。

そんな黒板一家だけではなく、3人に関わる全ての人が全力で演じていたのがとても印象に残っています。

名作の中の名作のこのドラマは出演された全ての役者さんたちの賜物だと思います。

(40代女性)


この作品の脚本、原作は倉本聰です。

彼の代表作のひとつと言っても過言ではありません。

そしてさだまさしの歌う主題歌も耳に残っている人も少なくないと思います。

それだけ性別、年代を問わず国民に愛された作品です。

雄大な大自然が広がる富良野の地での親子三人の生活から物語がはじまりますが、父親の五郎は妻と離婚しまるで逃げるように東京からふるさとへ戻ってきたのです。

そして待っていた生活は、今でこそ田舎生活に憧れる人もいますが、この時代でもかなり過酷なものだったと思います。

特に東京の生活に馴れている純や螢にとっては、なかなか馴染めない環境だったに違いありません。

五郎は夫としてだけでく、父親としても決して上手な人ではありません。

不器用な人なので、見ていてもちょっと子供たちがかわいそうでした。

愛情表現の仕方がわからないのかもしれません。

しかし、子供たちも紆余曲折ありながら父親からの愛情にふれ、富良野の生活にも少しずつ慣れていきます。

純や螢の成長や親子の絆に胸が熱くなりました。

(40代女性)


私が注目するのは、黒板純を演じた吉岡秀隆です。

まだ幼い顔つきながら、大人顔向けの存在感を放っています。

父親の五郎に似て不器用で傷つきやすい、そんな性格の純を見事に演じています。

現在では50歳とのことでこの作品を観ると、あの純が…と感慨深いものがあります。

近年の出演作品でいうと、ALWAYS三丁目の夕日、Dr.コトー診療所 などが記憶に新しいです。

どこか気弱な人のよい男性といった風貌で、独特の雰囲気を醸し出しています。

考えてみると、彼にとっての原点はこの北の国から、だったのかもしれません。

このシリーズじたいかなりのロングランで長く愛された作品です。

そんな彼の愛らしく微笑ましい姿がこの作品で観られます。

(40代女性)


初回放送が1981年なので約42年も前からのシリーズだったのですね。

つい最近主演の 田中邦衛さんがお亡くなりになったニュースを見て見返したのですが放送当時彼は49歳でした。

昔のドラマなので余計ですが、まだ子供の頃に見た時、正直純の父親というよりはお爺さんのようないでたちでした。

それだけ五郎が私には人間味と深みあがあるように映っていたのでしょう。

親の離婚とかいきなりライフラインのない異国ともいえるところで生活をするとか、可哀そうな純たちだと思っていましたが、今見てみると子供に限らず人間ってそうやって色々なものを背負いながら成長していくのですよね。

毎回毎回生きることや思いやりや謙虚さを教えてくれる内容でした。

多かれ少なかれ人間にはこういう感情は平等にやってきますので、このドラマを見たか見ていないかで自分の人生観に影響してくるだろうと思えた名作でした。

(40代女性)


私は純を演じた吉岡さんより少し年齢が下なのですが、彼の独特のどこか孤独で幸せを遠くに見ているような雰囲気が好きなのです。

今は一流の俳優さんなのですが、この作品を見返してみても当時からそういう感情演技がとっても上手だったことが伝わってきます。

父親の五郎よりも純と年齢が近いので、どうしても純の気持ちになって彼の感情を感じながら何度も涙しました。

親の離婚で北海道で暮らすことになって、今では味わえないような孤独やとまどいがあったと思います。

子供でもこんなにも背負わなければならないものかと、言葉にならない感情がどんどん湧き出ているのがとてもよく分かりました。

その有名な場面の一つが23話のパトロールで警官が寄り添ってくれる場面だったと思います。

今は私も結婚して五郎の年齢に近くなってもう一度みてみましたが、不器用だけど人情や愛情という魅力的な父親に育てられた純って幸せなんだと思うようになりました。

(40代女性)


ドラマ「ドラマ「北の国から」」の作品情報

「ドラマ「北の国から」」はフジテレビ系列にて 1981年10月9日から放送されたドラマです。

放送時間帯は金曜日の22:00~。

公式サイト
Wikipedia

原作:倉本聰

主題歌:さだまさし『北の国から〜遥かなる大地より〜』

ドラマ「ドラマ「北の国から」」のキャスト出演者

  • 黒板 五郎:田中邦衛
  • 黒板 純:吉岡秀隆
  • 黒板蛍:中嶋朋子
  • 木谷凉子:原田美枝子
  • 北村 草太:岩城滉一
  • 中畑 和夫:地井武男
  • 黒板令子:いしだあゆみ
  • 笠松 杵次:大友柳太郎
  • 北村 清吉:大滝秀治

(役名/キャスト名)

本ページの情報は2021年4月時点のものです。 最新の配信状況はFODにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。