「名前」の公式フル動画を無料視聴!津田寛治×駒井蓮主演映画の公式配信状況や地上波放送予定もご紹介!

名前動画無料

映画「名前」のフル動画を配信中の動画配信サービスは『U-NEXT』

映画「名前」は動画配信サービス『U-NEXT』にて配信中!

今なら31日間の無料おためしを実施中で、映画映画「名前」が無料で視聴可能なんです!

U-NEXTのサービスを利用してみて、気に入らなければ無料おためし中に解約すれば料金は一切かかりません♪

しかもU-NEXTは最新映画の最速配信を行っており、過去作の見放題作品数も日本一です。

映画好きの方に一番選ばれているサービスです。

映画「名前」を配信中のサービス比較

配信サービス 配信状況 無料期間
U-NEXT ◎(配信中) 31日間
FODプレミアム 2週間
Paravi × 2週間
Hulu × 2週間
dTV 〇(課金レンタル) 31日間
TSUTAYATV&DISCAS 30日間

映画「名前」はU-NEXT、FODプレミアム、dTV、TSUTAYATV&DISCASで配信中でした。

映画「名前」は無料トライアル登録後すぐに無料視聴出来るU-NEXTがおススメです。

動画以外にも漫画や雑誌も読み放題が付いてくる、お得な動画配信サービスなんです。

U-NEXTってどんなサービス?
  • 無料トライアルで映画「名前」が無料で視聴可能
  • 国内外のドラマ作品や映画、アニメも楽しめる
  • 動画だけでなく漫画や雑誌も見放題
  • 4アカウント同時視聴可能で家族や友達とアカウントをシェア出来る
  • 現在31日間の無料トライアルを実施中

国内外のドラマや映画、アニメなどを多数配信中で、漫画や雑誌も一緒に閲覧可能とマルチなコンテンツが充実しているU-NEXT。

もちろん、子供と一緒におうち時間を楽しめる、子供向けアニメや映画などのキッズコンテンツも充実♪

しかも4アカウント同時視聴可能なら、面倒なケンカになることも一切なし!それぞれ自由に動画を楽しめます。

ダウンロード機能もあるので、移動時間や隙間時間にスマホの通信制限を気にすることなく動画作品を視聴出来るのもポイントです!

\U-NEXTで配信中/
今すぐ無料トライアル
映画「名前」をお得に視聴!
▲31日間以内の解約で0円

本記事では映画「名前」の動画を無料でフル視聴する方法をお届けしています。

映画「名前」動画を無料フル視聴できる公式見逃し配信サービス

映画「名前」の動画を無料トライアルで31日間無料視聴できるのは『U-NEXT』です。

地上波のドラマであれば通常1週間以内ならTverでも配信していることが多いですが、過去作品や映画に関しては一切配信はありません。

映画の地上波放送を見逃してしまった場合やもう一度映画を見返したいときはU-NEXTを選ぶのが賢い選択です♪

無料トライアルでは31日間もお試し出来るので、ゆっくり動画を楽しむことができます。

▼U-NEXT公式サイトはこちら▼
今すぐ無料トライアル

U-NEXTの無料登録・解約方法

  1. U-NEXTにアクセス
  2. 今すぐ観るをタップ
  3. アカウント情報の登録
  4. 支払い方法の登録
  5. 登録完了

スマホのスケジュールに解約予定日を登録しておくと便利です!

※支払い情報の登録をしても無料おためし中に解約すれば料金はかかりません。

  1. U-NEXTにログイン
  2. 左上の横棒3本マークをタップして設定・サポートをタップ
  3. 契約内容の確認・変更をタップ
  4. 解約はこちらをタップ
  5. 同意するにチェックし解約するをタップ
  6. 月額サービス部分に「現在ご利用中のサービスはありません。」と出てきたら解約が完了

簡単6つのステップで解約完了!

このページを登録すれば、解約の時に手順に戸惑うことなく便利です!

※無料おためし中に解約すれば料金はかかりません。

映画「名前」最新テレビ地上波放送情報!

映画「名前」の地上波放送があるのかどうか、各サイトにて最新情報を調べました。

映画公式サイト ×
yahoo!TVガイド ×

現在、映画「名前」の地上波放送情報はありませんでした。

映画は著作権の関係上、地上波放送までに時間が掛かるので、いつテレビで放送されるかはわかりません。

U-NEXTであれば、無料トライアルを使ってお得に映画を視聴可能!

いつになるかわからない映画の地上波放送を待つよりも、U-NEXTで視聴した方が便利でお得♪

無料トライアル期間中に解約すればもちろんお金がかかることはありません!

▼U-NEXT公式サイトはこちら▼
今すぐ無料トライアル

映画「名前」のあらすじと感想

あらすじ・感想をご紹介しますので、お好きな部分からお読み下さい♪

中村正男は経営していた会社が倒産、私生活では妻と別れて、ひっそりと片田舎で暮らしている。

実は正男は世界を股にかけるエリートサラリーマンとして、はたまたある時は入院中の妻を抱える工場スタッフとして、身分を偽る人生を続けていた。

いよいよ正男の正体が暴かれようとしたその時、彼を「お父さん」と呼ぶ女子高校生が目の前に現れる。

もちろん、正男はその女子高生と会うのは初めてだった。

正男は何が何だか混乱し、その女子高生に聞き迫るがはぐらかされてしまう。

そして「また会いに来る」と言い去っていくのだが、彼女の名前が笑子だということを知る。

そんな矢先、笑子の携帯に登録されている自分の名前が「お父さん」だと知る。

正男は笑子との穏やかな生活を壊すのをためらい、もうそれ以上は問い詰めるのはやめようとするのだったが…

笑子はやっと父親を見つけられたと思い、父親に会いにいくのを楽しみに訪ねてきていましたが、正男からしてみれば、自分自身の子は元妻・香苗の流産によって亡くしているので人違いだ。と、途中から分かっているのですよね。

正男は妻に逃げられ、子供も失い、天涯孤独になっていて、自分を救ってくれた笑子の存在がとても愛おしくなっていて、笑子を失いたくない気持ちからこのまま自分が父親になりきってしまってもよかったはず。

ですが、笑子の本当の父親はこの家の前の住居人で、既に亡くなってしまっていると正直に話してしまうところでは胸を締め付けられるような思いでした。

真実を話してしまうことで、笑子とは全くの他人になってしまう訳で、他人ならば今後会う理由がなくなってしまう訳ですから。

切ないですね。

笑子と正男の親子ごっこがずっと続けばいいのにな。とどこか応援してしまう作品でした。

(30代女性)


正男役を演じられた津田寛治さん。

妻に捨てられた後、見栄を張って嘘をついて名前まで偽って暮らしていたけど、笑子に会うことで自分探しに出掛ける。

やっとまともになろうと思って別れた妻に謝って、失った時間をもう一度取り戻したくて妻を訪ねたけれど、もう別の男のものになってしまっていた元妻。

やるせないです。

笑子の居場所がないことを察して居場所を作ってあげて、少しの間でも父親らしいことをしてあげてるところは切なかったです。

笑子と別れた後や、虚しさを感じさせるときの哀愁漂う背中。

演技するときはセリフの表現の仕方とか、顔だけに目が行き方でしたが、良い俳優というのは顔がこちらへ向いてなくても後ろ姿だけでも切なさとか、虚しさを表現することができるんですね。

さすが津田寛治さん、名俳優です。

(30代女性)


色々な名前を使って、自堕落に生きている、訳ありな男の前に、「お父さん」と呼ぶ女子高生が現れます。

女子高生に振り回されながら、生活する内に、二人は心を通い合わせ、平穏な生活になります。

この映画を見て、家族とは何か?、どう生きるのが良いのか改めて考えさせられました。

今は、結婚して、子供ができて、夫婦、親子として暮らしていますが、この平穏な生活が、永遠に続くとは思えません。

子供は、大きくなれば、旅だって、家を出て行きます。

夫婦もどちらかが、先に亡くなります。

この映画を見て、今の平穏で幸福な生活を長く続けるためには、日ごろの努力が必要だと思いました。

家族や毎日の生活について、考えることの多い、良い映画でした。

(50代男性)


主演の津田寛治と駒井蓮の二人が、この映画の内容に合って、はまり役だと思いました。

津田寛治は、映画好きで、映画俳優を目指してアルバイトをしながら小劇場系の劇団員として活動し、北野武監督の「ソナチネ」で映画デビューしたときから注目している俳優です。

映画「ソナチネ」、ドラマ「食の軍師」の演技も良かったです。

この映画では、幾つもの名前をもつ、訳アリの男の役を熱演しています。

駒井蓮は、学校の成績は、学年トップクラスで、慶應義塾大学文学部に進学した才女であるのが魅力です。

この映画でも、頭の良い可愛い女子を演じていて、物語に素直に引き込まれました。

津田寛治と駒井蓮の組み合わせが、映画のレベルを高くしていると思いました。

映画を見た後で、満たされた気持ちになりました。

(50代男性)


名前道尾秀介の原案を津田寛治と駒井蓮のW主演で映画化した本作では、ミステリアスな主人公たちの謎がストーリーの進展と共に解き明かされていき、そこに秘められたエピソードに切なくなる。

俳優たちの演技は良かったです。

主役からわき役までみんなちゃんとしたパフォーマンスを見せていました。

真実と向き合った先にある温もりに胸が熱くなります。

直木賞作品として期待していました。

「名前」あり得ない設定なのに、心情的には共感できるのでリアリティーあり。

伏線は全て綺麗に回収されて希望のある結末。

ネタバレできないけど超おすすめ映画です。

津田さん筒井さん出演だと期待値上がるし、期待どおりでした。

中村正男が経営していた会社は倒産に追い込まれ、茨城の地に流れ着きます。

周囲にさまざまな偽名を使いながら、自堕落な暮らしを過ごしています。

そんな全てを失った男の偽りの日常に、一筋の光が差し込む拠り所を求めた少女の存在…

哀しくも温かな絆を描く珠玉の物語でした。

(40代男性)


名前を観て強い衝撃を受けました。

日本映画は世界各国に受け入れられる、世界とたたかえる映画が誕生したと!震えました。

日本映画はまだまだ新しい風景を世界に伝えることができるんだと本気で思いました。

映画「名」』は素晴らしい。

大阪府出身の波岡一喜さん、よく怖い・ヤンキーの役柄のイメージがありますが子供の頃は気が弱くで保育園でいじめられ、登校拒否した過去を持っています。

また、そのトラウマが大きく小学校まで通っていなかったそうです!

その過去もおおくの演技に影響しているのではないでしょうか。

花火では先輩芸人を演技して強い印象がのこっています。

意外や意外な過去はかなり気の弱い性格のようで…

幼稚園の時と小学校の時いじめられて学校に行ってなかったみたいなんです!!

今の波岡一喜さんからは想像もできません。

(40代男性)

映画「名前」の作品情報

映画「名前」は2021年1月9日から公開されました。

公式サイト
公式Twitter
公式Instagram

原作…道尾秀介によるオリジナルストーリー
脚本…守口悠介
演出…-
主題歌…DEN『光』

映画「名前」のキャスト出演者

  • 中村正男:津田寛治
  • 葉山笑子:駒井蓮
  • 榎本翔矢:勧修寺保都
  • 小幡理帆:松本穂香
  • 高野結衣(正男の飲み仲間):内田理央
  • 門孝一(正男の飲み仲間):池田良
  • 亜未(正男の恋人):木嶋のりこ
  • 河西遥香(演劇部員):金澤美穂
  • 森本(工場長):波岡一喜
  • 野口(モデルルーム営業マン):川瀬陽太
  • 槙田(大家):田村泰二郎
  • 葉山眞由美(笑子の母親):西山繭子
  • 香苗(正男の元妻):筒井真理子
  • 木田明日香(高校生):比嘉梨乃
  • 長谷川萌(高校生):真広佳奈
  • 小玉千夏(演劇部員):小槙まこ
  • 田宮なな(演劇部員):戸畑心
  • 藤原真緒(演劇部員):柿本朱里
  • 水井春彦(工場員):アベラヒデノブ
  • 池田典子(正男の同級生):田山由起
  • 朝野美千恵(工場勤務):竹下かおり
  • 吉松孝史(正男の同級生):信國輝彦
  • 城山善宗(演劇部顧問):松林慎司
  • 香苗の恋人:稲荷卓央
  • 以下キャスト記載お願い致します。

本ページの情報は2021年1月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。