推しの王子様の公式見逃し配信動画を無料で1話〜最終回まで視聴する方法をお届け!比嘉愛未主演ドラマの最新再放送予定もご紹介!

推しの王子様見逃し配信動画

ドラマ「推しの王子様」動画を全話配信中の見逃し配信サービスは『FODプレミアム』

ドラマ「推しの王子様」の動画はフジテレビの公式見逃し配信サービス『FODプレミアム』にて配信中!

今なら2週間の無料トライアルを実施中なのでタダでドラマを1話から全話視聴可能です。

ドラマ「推しの王子様」の見逃し動画を配信中のサービス比較

動画配信サービス見逃し動画配信状況無料トライアル期間
FODプレミアム◎(独占配信中)2週間
Tver△(放送後1週間のみ)無料トライアルなし
Paravi×(配信なし)2週間
Hulu×(配信なし)2週間
U-NEXT×(配信なし)31日間
dTV×(配信なし)31日間
TSUTAYATV&DISCAS×(配信なし)30日間
auスマートパスプレミアム×(配信なし)30日間
Amazonプライムビデオ×(配信なし)30日間
Netflix×(配信なし)なし

ドラマ「推しの王子様」はFODプレミアムの独占配信作品です。

動画を楽しみたい方はFODプレミアムをご利用ください。

FODプレミアムってどんなサービス?
  • FODプレミアムはフジテレビの公式見逃し配信サービス
  • フジテレビ系列のドラマを独占配信中
  • 現在2週間の無料トライアルを実施中

国内の人気ドラマを多数配信中でドラマ好きに特に人気なサービスがFODプレミアムです。

\FODプレミアムで独占配信中/
推しの王子様見逃し配信無料動画
今すぐ無料トライアル
ドラマ「推しの王子様」様を無料で見る
▲2週間以内の解約で無料

本記事ではドラマ「推しの王子様」の見逃し動画を無料で楽しむための視聴方法をお届けしています。

ドラマのあらすじ、感想、主題歌も一緒にまとめたので、あなたのお好きな情報をお楽しみください。

ドラマ「推しの王子様」動画を1話から全話無料視聴できる公式見逃し配信サービス

推しの王子様の見逃し配信動画を無料で視聴する方法

ドラマ「推しの王子様」の動画を全話無料視聴できるのは『FODプレミアム』です。

1週間以内ならTverGYAO!でも配信していますが放送後1週間で配信終了&CMが多いので、全話視聴可能なFODプレミアムを選ぶのが賢い選択です♪

▼FODプレミアム公式サイトはこちら▼
推しの王子様見逃し配信無料動画
今すぐ無料トライアル

FODの無料登録・解約方法

  1. FODプレミアムにアクセス
  2. 今すぐはじめるをクリック
  3. アカウントの作成
  4. 支払い情報の選択
  5. 登録完了

無料トライアルの解約日を忘れないように、スマホのスケジュールに登録しておくと便利!

※支払い情報の登録をしても無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

  1. FODプレミアム公式サイトにアクセス
  2. マイメニューから『登録コースの確認・解約』をタップ
  3. 解約するをタップ
  4. 確認画面が表示されるので再度解約するをタップ
  5. 解約完了

簡単5つのステップで解約完了です!

※無料おためし中に解約すれば料金はもちろん無料です。

ドラマ「推しの王子様」最新再放送情報!

ドラマ「推しの王子様」の再放送があるのかどうか、各サイトにて最新配信状況を調べました。

フジテレビ番組表×
フジテレビONE/TWO/NEXT番組表×
ドラマ公式サイト×
yahoo!TVガイド×

現在、ドラマ「推しの王子様」の再放送情報はありませんでした。

再放送枠は年々減っており、過去作品はどのテレビ局も最近では配信が主流になりつつあります。

フジテレビ系列の公式配信サイトのFODプレミアムであれば、無料トライアルを使って最新作〜過去作まで動画が視聴可能!

いつになるかわからない再放送を待つよりも、FODプレミアムで視聴した方が便利でお得♪

無料トライアル期間中に解約すればもちろんお金がかかることはありません!

▼FODプレミアム公式サイトはこちら▼
今すぐ無料トライアル
*無料お試し期間は、料金が無料になります。

ドラマ「推しの王子様」のあらすじと感想

ドラマ「推しの王子様」のあらすじと感想をご紹介します!

MEMO

TverGYAO!で見逃し配信が終了した場合は、動画配信サービス「FODプレミアム」の無料トライアル利用で全話無料視聴可能です!

無料トライアルの登録も解約も、それぞれ簡単5ステップで完了するのですぐに動画を見ることが出来ます♪

それなら初めて無料トライアルを登録するという人にも安心ですね!

>>>今すぐFODプレミアムの無料トライアル体験

1話:<特報>木曜劇場「推しの王子様」7月15日(木)よる10時スタート!【フジテレビ系】

主人公は日高泉美(比嘉愛未)。

泉美は、乙女ゲームを手がけているベンチャー企業の代表。

泉美の会社は、自分の描いた理想通りにケント様というキャラクターを仕上げ恋に落ちると言うゲームを作り出し、それが異例の大ヒットと飛ばす。

そして、泉美は一躍新進気鋭の経営者へとのし上がる。

そんなある夜のこと、五十嵐航(渡邊圭祐)が夜空から舞い降りてくる。

航は泉美を抱きしめる。

急な展開で何が何だかわけの分からない泉美を更に驚かせたのは、航の見た目が自分の手掛けたケント様と瓜二つだということ。

ケント様は理想通りのキャラクターだったが航は…

礼儀はなっていない、教養もない、恋愛経験も無い残念すぎる男性だった。

泉美はそんな航にがっかりするが、あるとき突然「私があなたを理想の男に育ててあげる」といって、航を泉美の会社で雇ってしまう。

それは会社の仕事はもちろんのこと、話し方から礼儀作法に人生論やプライベートでは恋愛の仕方まで。

理想の男性に育て上げるため泉美の奮闘が始まっていく。

GYAOで動画を検索する
Tverで動画を検索する
youtubeで動画を検索する

見逃し動画の無料視聴方法はこちら
*無料お試し期間は、料金が無料になります。

放送前の期待の声をご紹介します!

女性向けの恋愛ゲームを作っているベンチャー企業の社長・日高泉美(比嘉愛未)!

名前を聞くだけでもかっこいいバリバリキャリアウーマンのイメージが沸いてきます。

中身は自分の理想の男性像にゲームの中のキャラクターを作っていくそうですが、それが現実になったとか。

このドラマはオリジナル脚本ということになっています。

だから全く予備知識のないままドラマを見るのですが、理想と現実の違いから入っていって段々夜空から降って来た五十嵐航(渡邊圭祐)が日高泉美(比嘉愛未)の理想の男になりつつ、彼の元々の素の部分にも惚れこんでいくのかな~なんて思っています。

女社長って人前では弱みをなかなか見せないと思うのですが、心を許せたり通い合える人が社内に一人でもいるといくら社員の前で強がっていてもどこかで女が出てくるんだろうなって思っています。

見た目もちょっとピリッとした感じの日高泉美だから、そのギャップの楽しめそうな感じです。

(20代女性)


ドラマ「推しの王子様」で注目しているキャストは、主人公の日高泉美(比嘉愛未)です。

というのも、最近ニュースで驚いたのですが、元々主演に抜擢されていた深田恭子さんが降板して急遽代役だそうですね。

いや、彼女もそれなりに名前が知られていますけど、深田恭子よりは芸能界での経歴も出演作品の数も、正直人気も差がありすぎます。

しかも、事務所も違うので相当プレッシャーだと思いますし、視聴者ばなれにならないようにって焦りもあると思います。

深田恭子さんが築きあげていた現場での人間関係もあると思うので、その彼女のイメージをカバーしながら自分をどうやって出していくんだろうって思っています。

深田恭子の代役だからってことで、今回は深田恭子を真似したとしても、それは比嘉愛未のキャラクターが生きてないので相当大変だと負いますね。

そういうことで、比嘉愛未さんにとっても注目をしています。

(20代女性)


今まで女社長とかバリバリキャリアウーマンとかが主人公のドラマって色々あったと思う。

例えば弁護士系とか教師系とかナース系とか。

そんな中でも、今回の主人公の日高泉美(比嘉愛未)みたいにお金と名声を手に入れた女の人の理想ってどんなんで、そこから自分の理想像に男を育てるってどんな展開なんだって思いますね。

できる女には紐がつくなんて聞くが、今回のドラマのように育てるっていうのは余り知らない。

最後は何となくイメージはできるので、それまでの過程を楽しみたいと思うドラマだ。

自分は男だけど、五十嵐航(渡邊圭祐)は社会人として世の中に出てはいけないレベルなのに、よくもまあこんな人を育てるという気持ちになったなと。

そして、どこまで育つのか、この男のどこに惚れていくのかとかも見ていきたい。

一生懸命に仕事をしてそういう毎日の中で自然と出会う方が理想だと思っている私は、無理やり理想にもっていってからの恋愛に興味がある。

(50代男性)


ドラマ「推しの王子様」で注目している登場人物は、五十嵐航の役を演じる渡邊圭祐である。

役どころでは、何にもできないダメな男だそうだが、どう考えても見た目がいいのでそこはアドバンテージがでかい。

結局女性はそうなんだろうか。

私は彼よりもずっと年配のおじさんだから渡邊圭祐は名の知れた作品に出ていることが分かった。

ということは、結構演技も評価されているのだろう。

これだけのドラマに出ているので世間での作法や敬語など身についている者が何もできない男を演じるのは、リアクションがオーバーにならないように相当気を遣うと思う。

知らないふりはできても、できないふりはなかなか難しい。

だからこの難しい役をぎこちなくならないように自然に見えるようにはどうするのか注目をしている。

(50代男性)


「推しの王子様」で面白そうだなって思っているところは、無作法、無教養、人生に無気力、人を好きになったことも無いっていうあり得ない人をどうやって育てていくのかという、普通の人なら関わりたくないし仮に自分の会社の採用試験に来たとしても不採用にするだろう人を雇った上育てるって、どういう神経?って思いました。

でも、このドラマはあの有名な「知ってるワイフ」のスタッフが再集結したと公式サイトに書いてあったのを見て、これは期待していいんじゃないか?ってマイナスからの大どんでん返しを期待しています。

はっきり言って落ちぶれも者だった五十嵐航の変わっていく姿や日高泉美がどんな風に彼に接していくのかも見どころです。

優しいのか厳しいのか。

日高泉美もこのゲーム会社を立ち上げる前は無気力な人だったから、五十嵐航のことが理解できてしまうんだろうか。

原作がありそうでないドラマですし、謎めいていて予想できない内容に興味が沸きます。

(30代女性)


ドラマ「推しの王子様」はキャストがまだ主演2人しか発表されていないのですが、その2人とも美男美女で気も強そうな感じがします。

だから、そんな二人が一躍ゲーム会社のやり手社長になった日高泉美は、私が感じたイメージそのままなのか、はたまたダメダメでナイナイずくしの五十嵐航に気がいってしまうぐらいだから恋愛に関してはダメダメ女なのか、そして五十嵐航は見た目はしっかりしていそうなのにダメダメのナイナイずくしの見た目と正反対の役をどう表現するのかに注目です。

大体男性側か女性側どちらかの気持ちで見てしまうのが私の癖なんですけど、今回は客観的な感じで見そうだなって思っています。

特に日高泉美の役は元々深田恭子さんでしたが彼女の体調がよくないと降板になり比嘉愛未さんは代役です。

だから余計に世間から見る目は厳しいと思うし、日高泉美側になってみるというよりもどんな風に作品に溶け込むのか、それとも自分の個性を出していくのか、代役のイメージを覆していけるのかを見てみたいです。

(30代女性)

2話:<予告・60秒>木曜劇場「推しの王子様」第2話7月22日(木)よる10時放送!

彼を上等な男に育てよう。外見も中身も、最高の王子様に――

乙女ゲームを手がけるベンチャー企業『ペガサス・インク』の社長を務める泉美(比嘉愛未)は、自身の理想通りに作った推しキャラ、『ラブ・マイ・ペガサス』の主人公・ケント様にそっくりな航(渡邊圭祐)に出会う。だが航は、ケント様に似ているのは外見だけで、がさつで無神経、おまけに無気力な男だった。そんな航に、乙女ゲームに出会う以前の、夢もやりたいこともなく退屈な日々を送っていたかつての自分を重ねた泉美は、彼を『ペガサス・インク』で雇うことにする。今はまだ何者でもない航がケント様になれるかどうかを、副社長の光井(ディーン・フジオカ)と賭けた泉美は、「絶対、ちゃんと育ててみせる」と宣言し……。

泉美から航を紹介された芽衣(徳永えり)や有栖川(瀬戸利樹)、マリ(佐野ひなこ)ら『ペガサス・インク』のスタッフは、ケント様にそっくりなその姿に驚きを隠せない。航は、とりあえずプランナーの有栖川の下につき、雑用から始めて仕事を覚えることになった。ところが航は、社会人の常識どころか、漢字や敬語すらろくに知らないような有様。困り果てた有栖川たちは、このままだと大きな問題を起こしかねないから泉美にもきちんと面倒を見てほしい、と訴えた。

そんなある夜、仕事を終えて帰路についた泉美は、公園で野宿しようとする航を目撃し……。

引用:フジテレビドラマ推しの王子様公式サイト

GYAOで動画を検索する
Tverで動画を検索する
youtubeで動画を検索する

見逃し動画の無料視聴方法はこちら
*無料お試し期間は、料金が無料になります。

3話:<予告>木曜劇場「推しの王子様」第3話7月29日(木)よる10時放送!

泉美(比嘉愛未)たち『ペガサス・インク』は、新作乙女ゲームの開発にむけて、水嶋十蔵(船越英一郎)率いる『ランタン・ホールディングス』に出資を持ちかけ、企画書を提出した。企画へのリアクションを聞くために、泉美は光井(ディーン・フジオカ)とともに『ランタン・ホールディングス』を訪れるが、応対したのはメディア事業部の小島(竹森千人)だけで、十蔵の姿はなかった。
その席で、企画のさらなるブラッシュアップを提案された泉美たちは、芽衣(徳永えり)や有栖川(瀬戸利樹)らスタッフに、先方の意向を組み込んで、もう1度、企画書を作り直すよう指示する。しかし、再提出までの猶予は1週間足らずしかなかった。そのとき、航(渡邊圭祐)の姿がないことに気づく泉美。実は航は、会議中に居眠りを始め、そのまま会議室で眠っているという。
泉美は、航が他のスタッフが話している専門用語を理解できず、用語集を読んで勉強しようとしたものの苦戦していることを知る。航に、物事を学ぶ意味や、その先に見える景色の素晴らしさを教えてあげたいと決意した泉美は、彼にITの専門用語集や小説などを渡し、感想を書いて提出するよう命じる。
数日後、泉美たちは、ランタンの中核事業でもあるアウトドア事業の要素を生かすなど、先方の要望を盛り込む工夫を続け、何とか最終プレゼン用の企画書をまとめて提出する。しかし、ランタン側からはさらに無茶な注文が届き……。

引用:フジテレビドラマ推しの王子様公式サイト

GYAOで動画を検索する
Tverで動画を検索する
youtubeで動画を検索する

見逃し動画の無料視聴方法はこちら
*無料お試し期間は、料金が無料になります。

4話:<予告>木曜劇場「推しの王子様」第4話8月5日(木)よる10時放送!

泉美(比嘉愛未)たち『ペガサス・インク』は、新作の乙女ゲームに関して、十蔵(船越英一郎)の会社『ランタン・ホールディングス』から出資を受けられることになった。士気が上がり、プロトタイプの制作にも力が入る有栖川(瀬戸利樹)らスタッフたち。その中で、芽衣(徳永えり)は、早退して推しの2.5次元俳優・三上悠太(仲村宗悟)が出演するミュージカルを見に行くため、物凄い勢いで仕事を片付けている。チケットを取るために、普段から善行を続けて徳を積んでいるという芽衣は、全公演を見に行く予定だという。その思いに共感し、“推し活”も推奨している『ペガサス・インク』の社風に改めて魅力を感じる杏奈(白石聖)。だが、航(渡邊圭祐)だけは、同じ内容なのに金がもったいない、と、いまひとつ芽衣の思いが理解できないようすで……。
その夜、航は、振り込まれたばかりの初めての給料を全額引き出して帰宅する。だが航は、特に欲しいものがあるわけでもないらしい。初めての給料を何に使ったのか、と問われた泉美は、覚えていないと返しつつ、推しができてから金の使い方が変わった、と答える。泉美は、金の使い道は物質的なものだけではなく、形に残らなくても価値があるものもあるし、航も夢中になれるものが出来たら変わるかもしれない、と告げた。だが、どうにもピンとこない様子の航。
ある日、泉美が勉強のために休日を利用して舞台やコンサートを見に行くと知った航は、同行することにする。そんな中、泉美は、とあるギャラリーで開催されている絵画展に興味を抱き、立ち寄ろうとした。だが航は、何故か足が止まってしまい……。

引用:フジテレビドラマ推しの王子様公式サイト

GYAOで動画を検索する
Tverで動画を検索する
youtubeで動画を検索する

見逃し動画の無料視聴方法はこちら
*無料お試し期間は、料金が無料になります。

5話:<予告>木曜劇場「推しの王子様」第5話8月12日(木)よる10時放送!

航(渡邊圭祐)は、杏奈(白石聖)に誘われて食事に行く。その帰り道、杏奈は、ずっと好きだった、と自分の思いを航にぶつける。突然の告白に動揺する航。

一方、泉美(比嘉愛未)は、航に対する杏奈の思いを知り、応援すると彼女に約束したものの、航の帰りが遅いことが気になり、どこか落ち着かない。と、日付が変わったころになってようやく航が帰ってくる。だが、いつもと違った様子ですぐに自室に入ってしまう航。泉美は、そんな航の態度に違和感を抱き……。

『ペガサス・インク』では、新作乙女ゲーム『恋する森の中へ』のプロトタイプ版のチェックが行われる。その出来栄えに納得し、これでアルファ版の制作に入れると判断する光井(ディーン・フジオカ)。しかし泉美は、どこか引っかかるものがあるという。そんな中、ゲームの登場人物であるイケメン男子の「気づいたんだ……この気持ちを、『好き』って言うんだって」というセリフを見つめていた航が、ふと「『好き』って何なんでしょうね……」とつぶやく。航が、いままで人を好きになった経験がないと知って驚く有栖川(瀬戸利樹)と織野(谷恭輔)。有栖川たちは、泉美やマリ(佐野ひなこ)も巻き込んで、航に誰かを『好き』になる気持ちを教えてあげようとするが……。

引用:フジテレビドラマ推しの王子様公式サイト

GYAOで動画を検索する
Tverで動画を検索する
youtubeで動画を検索する

見逃し動画の無料視聴方法はこちら
*無料お試し期間は、料金が無料になります。

6話:<予告>木曜劇場「推しの王子様」第6話8月19日(木)よる10時放送!

航(渡邊圭祐)は、泉美(比嘉愛未)と光井(ディーン・フジオカ)が、自分を一人前の男性に育てられるかどうかで賭けをしていたことを知る。「どうせあんたの大好きなゲームでもやってるつもりだったんだろ」。泉美に対して失望した航は、彼女に怒りをぶつけて部屋を出て行く。

その夜、杏奈(白石聖)と偶然出会った航は、彼女に励まされ、泉美を見返すためにも仕事を頑張るしかないと決意する。

『ペガサス・インク』では、開発を始めた新作乙女ゲーム『恋する森の中へ』で物語の途中から投入するキャラクターの制作に入ろうとしていた。そのキャラクターは社内コンペで決定するという。そこで泉美と光井は、今回はいつものようにキャラクターの設定に合わせてデザインを決めるのではなく、デザイン先行でもいい、自由な発想で考えてほしい、と皆に告げる。決まっているのは、メインキャラクターである3兄弟のピンチを助けるイベントで登場するということだけだった。真剣に話を聞いていた航は、そのコンペに挑戦することを決める。

泉美は、賭けのことを知られ、航を怒らせてしまったと光井に打ち明ける。光井は、きちんと話をするしかない、と泉美にアドバイスするが……。

そんなある夜、仕事を終えて帰路についた有栖川(瀬戸利樹)は、忘れ物をしたことに気づいて会社に戻る。すると、誰もいないはずの会社に何故か寝袋にくるまる航の姿が。今まで住んでいたところに帰れなくなり、会社に泊まるつもりだと航に聞いた有栖川は、仕方なく彼を自宅に連れ帰るが……。

引用:フジテレビドラマ推しの王子様公式サイト

GYAOで動画を検索する
Tverで動画を検索する
youtubeで動画を検索する

見逃し動画の無料視聴方法はこちら
*無料お試し期間は、料金が無料になります。

7話:<予告>木曜劇場「推しの王子様」第7話8月26日(木)よる10時放送!

航(渡邊圭祐)は、泉美(比嘉愛未)の指示で、過労で倒れ病院で治療を受けた杏奈(白石聖)を自宅まで送り届ける。航は、大学の勉強とインターンとしての仕事を両立させようと頑張ってきた杏奈をねぎらうと、何かあったら頼ってほしいと告げて帰っていく。

泉美は、無事に送り届けたという航からのメッセージを受け、ホッと胸をなでおろす。泉美は、航への返信に、今日はどこに泊まるのか、と打ちかけるが、それを消去すると「ありがとう」とだけ打って送る。

あくる日、社長室にやってきた航は、次の給料が出るまでの間、もう一度同居させてほしいと頼む。それを了承する泉美。一方、社内では、芽衣(徳永えり)やマリ(佐野ひなこ)が、社内コンペで決定する『恋する森の中へ』の新キャラクターのデザインを着々と進めている。コンペに参加しているはずの航だが、芽衣たちのデザインが気になり、気持ちばかりが焦るもののまだ何も描けていなかった。

泉美は、光井(ディーン・フジオカ)に、航と和解することができたと報告する。光井は、泉美が明るさを取り戻していることにすぐに気づき……。

その夜、航は、スーパーの買い物袋を掲げながら泉美の部屋にやってくる。航は、迷惑をかけないように食事くらいは自分で用意しようと思ったらしい。そんな航と、キッチンで一緒に料理する泉美。こうして、航と過ごす最後の1週間が始まり……。

引用:フジテレビドラマ推しの王子様公式サイト

GYAOで動画を検索する
Tverで動画を検索する
youtubeで動画を検索する

見逃し動画の無料視聴方法はこちら
*無料お試し期間は、料金が無料になります。

8話:<予告>木曜劇場「推しの王子様」第8話9月2日(木)よる10時放送!

航(渡邊圭祐)は、泉美(比嘉愛未)に好きだと伝えた。しかし泉美は、尊敬の気持ちを誤解しているだけだと返し、航の人生は航自身が作るものなのだから別々の道を歩こう、と突き放す。「今まで、ありがとう」。そう言い残して寝室に入ってしまう泉美。翌朝、航は、泉美と顔を合わせることもなく、静かに彼女の家を出て行き……。

それから8ヵ月が過ぎた。『ペガサス・インク』が発表した新作乙女ゲーム『恋する森の中へ』は、史上最速で300万ダウンロードを記録する大ヒットとなり、航はそのプランナー兼デザイナーとしてテレビの取材を受けるなど、乙女ゲーム界のプリンスとして注目を集めている。航は、多忙な業務の間を縫って、新作ゲームの企画書を準備していた。有栖川(瀬戸利樹)にそのことをバラされてしまった航は、泉美に企画書を渡す。

一方、光井(ディーン・フジオカ)は、ゲーム会社を立ち上げた大学時代の友人から、一緒にやろうとヘッドハンティングを受ける。「何のためにペガサス・インクにいるのか?」と友人に問われた光井は言葉に詰まり……。

そんな中、声優のアフレコスケジュールでトラブルが起きる。調整をせざるを得なくなった泉美は……。

引用:フジテレビドラマ推しの王子様公式サイト

GYAOで動画を検索する
Tverで動画を検索する
youtubeで動画を検索する

見逃し動画の無料視聴方法はこちら
*無料お試し期間は、料金が無料になります。

9話:<予告>木曜劇場「推しの王子様」第9話9月9日(木)よる10時放送!

泉美(比嘉愛未)は、航(渡邊圭祐)のことが好きだと光井(ディーン・フジオカ)に打ち明けた。心をさらけ出した泉美に対して、自分も正直になろうと思えた光井は、ずっと胸に秘めていた泉美への想いを告白し、一緒に生きていきたいと思っていると伝える。だが泉美たちは、ドアの外で航がふたりの会話を聞いていたことには気づいていなかった。

そんな折、『ランタン・ホールディングス』社長の十蔵(船越英一郎)から呼び出された泉美は、ランタンの傘下に入らないかと持ちかけられる。傘下に入れば資金力は飛躍的に増え、新しいゲームの開発も可能になる。『ペガサス・インクにとっては魅力的な話だ。ただし、その条件として十蔵が提示したのは、売り上げが低下している『ラブ・マイ・ペガサス』のサービスを終了させる、というものだった。『ラブ・マイ・ペガサス』に費やしていた労力やコストを、新しいゲームの開発に当てるべきだというのだ。

会社に戻った泉美は、光井に十蔵からの提案を伝える。光井は、突然のことに驚きながらも、『ラブ・マイ・ペガサス』は自分たちにとって大切なゲームなのだから、結論を急がずにどうするべきか一緒に考えようと告げる。その際、泉美は、光井から告白された件にも触れ、きちんと考えるから時間がほしい、と話す。

一方、泉美の思いを知った航は、揺れる心を抑えながら杏奈(白石聖)と交際を続けていた。そんな航のもとへやってきた泉美は、働き過ぎの航に無理をしないよう指示すると、彼が提出した新ゲームの企画もいつか実現させようと伝える。そこで航は、自分だけでなく、芽衣(徳永えり)や有栖川(瀬戸利樹)たちも、それぞれ自分の得意分野を生かした乙女ゲームの企画を考えており、みんなで集まって企画会議もしていることを泉美に伝え……。

引用:フジテレビドラマ推しの王子様公式サイト

GYAOで動画を検索する
Tverで動画を検索する
youtubeで動画を検索する

見逃し動画の無料視聴方法はこちら
*無料お試し期間は、料金が無料になります。

最終回:<予告>木曜劇場「推しの王子様」第10話9月16日(木)よる10時放送!

『ペガサス・インク』社長の泉美(比嘉愛未)は、『ラブ・マイ・ペガサス』のサービス終了という条件を飲み、十蔵(船越英一郎)率いる大手アウトドア・メーカー『ランタン・ホールディングス』の傘下に入った。ペガサスにはランタン側からやってきた小島(竹森千人)が統括部長として加わり、企画開発に関わることに。また、オフィスも近日中にランタン本社内へ移すことになっていた。

皆にとって酷な選択をしたのではないかという思いもあった泉美は、光井(ディーン・フジオカ)にその不安な気持ちを打ち明けた。光井は、スタッフの企画を実現させるためなのだからみんなにとっても良い話だ、と言って泉美を励ますと、門出を祝ってパーティーをしようと提案する。

引用:フジテレビドラマ推しの王子様公式サイト

GYAOで動画を検索する
Tverで動画を検索する
youtubeで動画を検索する

見逃し動画の無料視聴方法はこちら
*無料お試し期間は、料金が無料になります。

ドラマの感想はyahoo!テレビGガイドでも見れます。

ドラマ「推しの王子様」の作品情報

作品名推しの王子様
放送局フジテレビ系列
放送開始2021年7月15日(木)
放送時間帯22:00〜
話数全10話
原作・脚本脚本:阿相クミコ、伊達さん(大人のカフェ)
主題歌Uru『Love Song』
公式サイト・SNS公式サイト
公式Twitter
公式Instagram
Wikipedia

ドラマ「推しの王子様」のキャスト出演者

役名キャスト出演者名
日高泉美比嘉愛未
五十嵐航渡邊圭祐
光井 倫久ディーン・フジオカ
古河 杏奈白石 聖
渡辺 芽衣徳永 えり
有栖川 遼瀬戸 利樹
小原 マリ佐野ひなこ
織野洋一郎谷 恭輔
藤井 蓮藤原 大祐
水嶋 十蔵船越英一郎

本ページの情報は2021年9月時点のものです。 最新の配信状況はFODにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。