【公式見逃し動画】私の家政夫ナギサさんを1話から全話無料フル視聴できる配信サービス!多部未華子/大森南朋/瀬戸康史出演作を広告なしで見れるサイトまとめ

私の家政夫ナギサさん動画見逃し

ドラマ『私の家政夫ナギサさん』動画を全話配信中の見逃し配信サービスは『Paravi』

ドラマ『私の家政夫ナギサさん』はTBSの公式動画配信サービス『Paravi』にて配信中!

今なら2週間の無料トライアルを実施中なのでタダでドラマを1話から全話視聴可能です。

ドラマ『私の家政夫ナギサさん』を配信中のサービス比較

配信サービス 配信状況 無料期間
Paravi ◎(独占配信中) 2週間
FODプレミアム × 2週間
Hulu × 2週間
U-NEXT × 31日間
dTV × 31日間
TSUTAYATV&DISCAS × 30日間

ドラマ『私の家政夫ナギサさん』はParaviの独占配信作品です。

動画を楽しみたい方はParaviをご利用ください。

Paraviってどんなサービス?
  • ParaviはTBSの公式見逃し配信サービス
  • TBS系列のドラマを独占配信中
  • 現在2週間の無料トライアルを実施中

国内の人気ドラマを多数配信中でドラマ好きに特に人気なサービスがParaviです。

\Paraviで独占配信中/
今すぐ無料トライアル
わたナギを無料で見る
▲2週間以内の解約で0円

本記事ではドラマ『私の家政夫ナギサさん』の見逃し動画を無料で楽しむための視聴方法をお届けしています。

ドラマ『私の家政夫ナギサさん』動画を1話から全話無料視聴できる公式見逃しサービス

ドラマ『私の家政夫ナギサさん』の動画を全話無料視聴できるのは『Paravi』です。

1週間以内ならTverTBSFREEでも配信していますが放送後1週間で配信終了&CMが多いので全話広告なしで視聴可能なParaviを選ぶのが賢い選択です♪

▼Paravi公式サイトはこちら▼
今すぐ無料トライアル

Paraviの無料登録・解約方法

  1. Paraviにアクセス
  2. 無料体験はこちらをクリック
  3. アカウントの作成
  4. 支払い情報の選択
  5. 登録完了

※支払い情報の登録をしても無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

  1. Paraviにアクセス
  2. アカウント情報をタップ
  3. 契約プランの確認・解約をタップ
  4. プラン解約・解約を続けるをタップ
  5. 解約するをタップ

簡単5つのステップで解約完了です!

▼Paravi公式サイトはこちら▼
今すぐ無料トライアル

ドラマ『私の家政夫ナギサさん』のあらすじと感想

相原メイ(多部未華子)は製薬会社のMRで、仕事に関しては誰よりも有能な独身キャリアウーマン。でもじつはメイは家事が全くできず、食事はコンビニ、部屋はゴミで埋まっているような状態。そんなメイの28歳の誕生日の夜、仕事を終えて深夜に帰宅すると、なんと部屋の中に見知らぬおじさんが!驚くメイでしたが、妹の唯も部屋から出てきて、おじさんのことを全ての家事を完璧にこなすスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)だと言うのです。激務なのにちゃんとした食事も取っていないメイを心配した唯はナギサさんを家政夫として雇うことを提案。しかしメイは「おじさんが家にいるなんて、絶対イヤ!」と受け入れられない。一方、仕事では超有能なMRであるメイの前に、ライバル製薬会社のMR・田所(瀬戸康史)が現われる。自分とは違うやり方で医者たちの信頼を得ていく田所にメイは焦りを感じ、ライバル心と警戒心をむき出しにする。しかも田所は爽やかにメイに急接近。メイは戸惑い心までかき乱されることに…。

家事が出来ないけれど仕事をバリバリがんばるめいと、お母さんになりたいなぎささん。すごく現代を表しているドラマだと思う。最初は家政夫のなぎささんがそんなに格好良くもないし、どうなっていくのかなと思ったけれどめいとなぎささんの息のあった行動にどんどん応援したくなった。そしてめいのお母さんは毒親だと思うけどなぎささんがかなり中和してくれていて、妹と仲良く戻れて本当によかったと思った。なぎささんはめいのこと何も思っていないのかなと感じていたから2人が最後に結婚したときは嬉しかった。でも、めいはずっとなぎささんをおじさんと呼んでいて、嫌がっていたのにキスとかできるのかなとちょっと不穏には思っている。女性が家事ができなくても男性が補えばいいという時代は素敵だと思う。


よかったと思ったのは、なぎささん役の大森さん。正直見た目は本当にふつうのおじさんで、だからこそめいがいやがる気持ちも分かったし、お父さんのような安心感もあって役にぴったりだったと思う。これがイケメンでダンディだったら見る目も少し変わっていたのではないかと思う。ただ、原作の漫画をみるとわりとダンディな男性がなぎささんだったのでそのバージョンも見てみたいなとも思った。ただこのドラマは恋愛というよりは、今の時代の男女の仕事観とかも表していて恋愛メインではなかったからそれでよかったのかもしれないとも思う。私はどんなに部屋が汚くても田所さん推しだなあと思いながら見ていて、田所さん役の瀬戸さんのキャスティングも大満足だった。


おじさん家政夫のナギサが部屋に入ることを極端に嫌がっているメイというのが印象的でした。メイの態度というのはナギサをゴキブリ扱いしているようにも見えるほど嫌がっているのが伝わってきました。しかしこの時点でドラマを観てる側はメイがナギサに対して徐々に好きになっていくという風に変化が訪れるんだろうなとは予想が出来ていました。ナギサの優しさ気遣い大人の落ち着きに案の定、メイの気持ちが揺らぎ出すというのは想定内なんですがそれを踏まえても面白いドラマでした。ただその気持ちが愛なのかというのがわからず、そして田所の存在でメイはどちらを選ぶのか五分五分になったなというのは理解できました。メイがおじさんのナギサを選ぶか若いイケメン田所を選ぶのかまったくわからない展開というのが秀逸でした。


鴨野ナギサを演じる大森南朋というのが印象的でした。大森南朋は今まではコワモテの役ばかりのイメージだったんでここまで大人しくて丁寧で家事全般をする役というのはないよなと違和感を感じながら見ていました。しかし慣れっていうのは凄いし大森南朋の演技力の高さもあいまって普通に見れるようになりました。しかしワイルドなナギサという場面がありその場面での大森南朋の演技というのはリアリティがありやはり威張っていたりキツい口調のほうが似合うなとは感じました。その他ではお笑い芸人ハナコの岡部が良い演技をしていました。岡部が演じる堀江というのが真面目なタイプの人間で岡部にピッタリで好感が持てる存在でした。岡部が出てくるとほのぼのとした気持ちにさせてくれました。


「家政婦シリーズ」のドラマはいくつかありますが、この作品は、男性の家政婦(家政夫)であり、優しそうなおじさんが家事をこなしてしまう癒し系の作品で面白そうだと思ったので視聴するとこにしました。
原作も読んでないので「家政夫」からどのようなストーリー展開になっていくのか予想付きませんでしたが、脚本が「おっさんずラブ」でお馴染みの「徳尾浩司」さんだと分かり、なるほど「登場人物が皆暖かくて誰も人を傷つけてようとしない作品に仕上がっているな」と納得しました。
特にメイに思いを寄せている田所くんは、ナギサに邪念を向ける事なく、寧ろメイの為にナギサを後押しする。その人間の温かみからも「人間愛」を学ばせてくれるような素敵な作品でした。


なんと言っても、注目のキャストはナギサさんを演じた「大森南朋」さんの変化の凄さだと思います。
大森さんと言えば「ダンディな渋い男」のイメージがあったのですが、この作品ではエプロンを着て、家事をこなし、優しくメイの事を迎えてあげる完全な「穏やかな役」を演じていて、そのギャップに「さすが俳優さんって凄いな」と感服しました。
家政夫からまさか、依頼主であるメイと恋愛に発展するとは思ってませんでしたが、最終回には結婚する事になり、「多分好きってことなんだと思います」と「ナギサさんらしさ」を保ちながら告白する場面などは心が暖かくなり涙が出ました。
二枚目の役ではないのにとてもカッコ良い男に見えたのも、大森さんのセリフの言い方や、おどおどする所作、どれか一つ欠けても成り立たなかったと思います。

ドラマ『私の家政夫ナギサさん』の作品情報

ドラマ『私の家政夫ナギサさん』は2020年7月7日から放送を開始。

放送時間帯は毎週火曜日の22:00~でした。

公式サイト
公式Twitter
公式インスタグラム

原作:
四ツ原フリコ『家政夫のナギサさん』(NTTソルマーレ)

主題歌:
あいみょん「裸の心」(unBORDE / Warner Music Japan)

ドラマ『私の家政夫ナギサさん』のキャスト出演者

  • 相原メイ…多部未華子
  • 田所 優太…瀬戸康史
  • 瀬川 遙人… 眞栄田郷敦
  • 陶山 薫…高橋メアリージュン
  • 肥後 菊之助…宮尾俊太郎
  • 松平 慎也…平山祐介
  • 馬場 穣二…水澤紳吾
  • 堀江 耕介…岡部大(ハナコ)
  • 天馬 あかり…若月佑美
  • 駒木坂 春夫…飯尾和樹(ずん)
  • 吉川 かりん…夏子
  • 古藤 深雪…富田靖子
  • 相原 美登里…草刈民代
  • 福田 唯…趣里
  • 鴫野 ナギサ…大森南朋

本ページの情報は2020年12月時点のものです。 最新の配信状況はParaviにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。